パタヤー近郊の見所

昨日は仕事をサボって(このごろ気分次第でサボりまくっています)ビーチ探しに出かけました。サタヒップビーチの隣にある小さな町バンチャン(BangChang)という街に行きました。
bangchang2
(パタヤーから30分のバンチャンのビーチ 水もきれいで 子どもたちが遊んでいました)
バンチャンという街はチョンブリ県とラヨン県の県境にあり、すでにラヨン県ですが、サタヒップから約10分ですのでパタヤー市内からだと、車で30分で行ける距離です。

私が毎週馬鹿みたいに近郊のビーチ探しをしているのは、パタヤーの汚いビーチに飽き飽きしているからもありますが、穴場探しが好きだからなんです。それをお客さんに紹介して、連れて行こうという魂胆なのです。
bangchang5 (バンチャンのビーチ、パタヤーに比べ砂は白くて細かいです)

魂胆などというと物騒な言い方ですが、お客様が
ボーイ君や恋人としっかりとロマンチックでプライベートを満喫してもらえるような場所
(プラス、ローカルな雰囲気たっぷりな場所)

を探しているんです。だから、ビーチ探しの時間と手間は最終的には報われるのではないかと思っています。(昨日のメルマガのゲイオンリーの隠れ家的リゾートもですね)
bangchang1
(パタヤー近郊のバンチャンビーチ、ここは地元の人しか来ません)
バンチャンという街には、わいりと有名なワットバンチャンがあり、そこの壮大な景色も取ってきましたので、ご覧いただければ幸いです。
bangchang3
(パタヤー近郊 ワット・バンチャンその1)

さて、日本ではボーナスのうわさなどが飛び交い、日本のみなさんは普段忙しく働いているけれど、給料以外のお金がもらえる日本という国は本当にすばらしいと思います。
bangchang4
(パタヤー近郊 ワット・バンチャンその2)

人生はゼロサムといいますから、どれだけ金を貯めても墓場には持って行けないと申しますね。ならば、そのお金を自分も含めた誰かのために使えば死後もみんなから尊ばれるということでしょうか。そんな生き方をしてみたいです。

ボーナスなんてどんな風に使ってもいいし、好き勝手に遊んでもいいのでしょうが
我々の人生は常に天から見られているのだということを忘れないようにしたいです。
パタヤー近郊、ワットバンチャンに差す光)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =