えっ、空港に迎えが来ない?

日本から深夜便でバンコク空港に到着した観光客のAさん

この連休をパタヤで楽しもうという計画だった

ネットで見つけた

ある旅行代理店にパタヤーまでの送迎を依頼した

理由は簡単、ネットの掲示板に

料金格安、親切なドライバーがいると書かれていたからだ

だが、運悪くAさんの飛行機は遅れた

到着が深夜どころが午前1時くらいになってしまった

Aさんはタイを訪れるのかこれが2回目だ

前回は10年以上前、パックツアーで訪れたっきりだ

運転手ももう待てないとばかりにパタヤーにもどってしまった

その後のAさん、なんとか連絡をつけて

迎えの車を手配してもらったものの

運転手が空港に到着したのは午前3時半ころ

Aさんの車がパタヤーに到着するころには夜が白々と明けてきた

迎えに来た代替ドライバーに怒りをぶつけても

日本語、さっぱり分からないという顔

ジェンジェン無駄である

旅行社にそういったフライト・イレギュラー(航空機の遅延)に関しての取り決めがされていないか

ドライバーへの指示(待て、帰れ等の)が的確でなかったものと思われる

同じ商品なら

安いに越したことはない

誰もがそう思う

タイで100パーセントを期待するのは酷なことだ

だが、せめて

この のほほんとした国 で安全・確実を求めるなら

それなりの代償を払う必要があるだろうと私は考える

高い安いというのは相対的なものだ

砂漠で一杯の水が1,000円で売られていても買う人は買うのだ

結局はその人の生き方の問題なのだ

ちなみに自分たちはどんなに飛行機が遅れても・・・

たったひとりのお客さんでも・・・

そのお客さんが到着するまで・・・

寝ずに待っている、もちろん運転手もだ

お客さんは高い料金を払って

その最も肝心な時のために

安心を買ってくださっているのだから


オーダーされるのは

その価値をわかっているお客様に限られるけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − fourteen =