クレジットカード、タイで落とせば絶対使われる!

お客様のJさんがクレジットカードを無くしたのは昨日の午後のことだった

でも気がついたのはそのずっとあとのこと(夜になってから)だった

水のとってもきれいなあのビーチでのことだった

(Jさん、あれほどビーチにクレジットカードなんか持って行っちゃいけないって言ったでしょ!)

一方、タイ人にとってそれは別の意味を持っていた

金ぴかに輝くクレジットカードは天からの贈り物だ

浜辺でダイヤモンドを拾うとはこのことだ

夜になってクレジットカードの紛失に気がついたJさんは慌てて電話をかけてきた

私は別のお客様と夕食しながら歓談中だった

私はすぐオフィスに連絡を取り

カード会社の連絡先を調べさせた

(タイからは国際電話がフリーダイヤルでかけられる)

ぐずぐずしていると誰に使われるかもしれないから

お客様にはカードをキャンセルしてもらった

カードのキャンセルは本人でないとできないのだ!

カード会社に電話すると

すでに使われそうになった記録があるという!!

近くのATMで現金が引き出されようとしていたのだ!!!

そのカードはさっそく拾われ

近くのATMに何度も突っ込まれていたのだ

もちろん犯人は暗証番号など知るはずもなく

1バーツたりとも引き出されてはいなかったのだが

もし、暗証番号を特定できる利口なヤツなら

少なくとも数十万円は引き出されていたかもしれない

(今思えばぞっとする)

店での利用ならサインさえ真似れば使えてしまうだろう

(タイ人が日本語書けるとは思えないけど、中国人ならやりかねない)

ご存知の通りクレジットカードには盗難紛失に関して保険がついている

だけど、保険を適用するには

警察の【盗難紛失証明(ポリスレポート)】が必要である

お客様とのディナーを終えた私はさっそくJさんと合流し

Soi9にあるパタヤー警察署に被害届け(ポリスレポート)をもらいに行った

警察の対応は同情的で良心的であったが

「あんたみたいなのが多いんだよね」と苦笑いしていた

同じタイ人でも普通のタイ人とは別種の笑みを浮かべていたように思える

クレジットカードの紛失は旅の気分を損ねるだけでなく、関係者も煩わせることになる(うちのお客様からは警察に同行する費用など取らないが)

まあ、これで我々もクレジットカード紛失時の手続きを学べたわけだし、
お客さんの命も取られなかったことだし、まあめでたしなのだが・・・

「ああ、旅というのはひとりじゃ何もできないものですね」

Jさんの言葉が印象的だった

そうなのである、結局ひとり旅といっても

旅は誰かに依存しているのである

ご参考:まれに警察の盗難紛失証明(ポリスレポート)があっても不審な利用履歴がある場合は保険が適用されない可能性があるとのことです。その辺は保険会社の判断によるとのことです。

つまり保険に入っているから安心してよい、というものではなく、普段からクレジットカードの取り扱いには注意したほうがよいということです。

かくして便利なものは怖いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 15 =