このホテルなら彼(彼女)を落とせるかも・・・ロマンチック・パタヤ・その1

パタヤーを海辺の歓楽街と思っている人は以下は読まないでください


suite
(この部屋に心を揺さぶられないなら彼・彼女は諦めたほうがいい、スイートルーム)

ここはまさに彼(彼女)を落とすためのホテルだ
といってもホテルに連れてくる前に落とさねばならないかもしれない

zenkei

(このホテルはパタヤーの海岸通りの高級住宅地、プラタムナック通りにある)

彼のハートをわしづかみにし、自らもシンデレラ気分になれるホテルがあるとしたら、その価値をあなたはどう考えるだろうか?

zenkei2

(建物の全体像は外からはわからない、たいていの人はここがホテルとは知らずに通り過ぎてゆく)

現代は心の満足の時代と言われる

大量生産よりも手作りが

急ぎ足よりものんびりが

都会暮らしよりも田舎暮らしが

ちょっと高くても心が豊かになるサービスが好まれる

そんな時代である

プライベートガーデン

(スイートルーム併設のプライベートガーデン、海が見える、バーベキューもできる)

私自身は ”落とす” という言葉はあり得ないと思っている
相手が勝手に ”落ちる” のである

あなたの心づくしのチョイスに感動し
相手は心を開き、最終的には股(また)も開くことになる

ちょっといやらしい表現だが恋人になるプロセスだろう

以下、このホテルの写真と解説をお楽しみください

view1

(窓から見える夕陽、俗世間から隔てられたサンセット)


window2
(窓からは海だけでなく庭の緑もすばらしい)

suite
(メインダイニング、50年前のものだ)

kyouyuu

(共有スペース、ここで合宿すると面白いかも?)

stairs

(客室へ通じる階段)

suite3

(スイートにはベッドが3つある)

suite2

(スイート専用のリビング)

terrace

(スイートからビーチへは直行できる階段がある)

superior2
(スペリアルの雰囲気もとても洗練されている、窓からの海と緑がまぶしい)

superior1

(スペリアルの入口から、思わず外の景色に見とれ勝手に入ってしまった私)

meetingroom

(セミナーもできる会議室)

interior

(メインダイニングにあるカップボード、ヨーロッパを感じさせる)

view2

(すべての窓からこの景色が見える、贅沢過ぎる)


パタヤーをただの歓楽街だと思っている人はここに泊まらないほうがいい。あなたがいかにパタヤーを誤解しているかが判ってしまうから。

さらに詳しい情報はこちらをクリックしてください

ご予約お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − two =