売り専を買ってはいけないのか?その1

「売り専を買ってはいけないのか?」

「売り専を買うことは良いことなのか、悪いことなのか?」

「売り専を買うべきではないのか?」


ゲイなら一度はぶつかる疑問である


実はその答えは、すでに質問の中にある。

なぜならそれを正しいと思っている人が極めて少ないため、そういう疑問符(?)をあえてつけているのだ。


たいていの人はわかっているのだ!


そもそも売り専を買うことは

議論するまでもなく、売春行為であり、法律に違反している。

彼氏がいるならそれはすでに裏切り行為であり、姦通罪に匹敵する。


だが、現実にはそれは容認されているし、すべてシークレットで行われるため、あからさまにやめさせることができない


当局(警察)の人間でさえソープに行きたがるわけだから、


完全に取り締まることなんてできないはずだ


人間の業の深さは計り知れないものがあるが、警察の人間だってセックスによって生まれてきたのだから、それを否定できるはずがない、このセックスという神聖な儀式を



さて、売り専を買うことの是非を考える前に、なぜ売り専を買ってしまうのか

あるいは買いたくなるのか、その背景について考えてみたい。



★売り専を買ってしまう原因というか要因は何か?★


まず【性欲】の存在がある。健康な男子なら(いや女性でも)セックスをしたという願望は果てしなく大きい。


次に職場や家庭での【ストレス】がある。人間関係の軋轢だけではなく、描けない将来への【不安】が欲求不満となって、日々もくもくと頭をもたげている。


ゲイならなおさら日頃からストレスが溜まっている。タイプの男の子を街で見かけても声をかけられない、同僚がカッコよくても誘うこともできない、親からはそろそろ結婚ではないか、とせっつかれる。


ゲイは日々、ものすごい量のストレスにさらされている。


それはさらに何かをすることによって発散したい、楽しくて、面白くて、快感であることを求める生理的、根源的な欲求に根ざしているとも言える。


だがそれだけではない。


売り専を買うのはその人の【心が傷ついているから】だ、とオレは思う。


我々は日々、なんとか壊れた心、疲れた心を修復しようとしているのだ。バランスを取ろうとしているのだ。


近い過去から遠い過去にいたるまで、自分は傷ついてきた、本当はもっと誰かを愛したかったのに、もっと素敵な人に出会いたかったのに、好きな人と一緒にいたかったのに、


・・・だが、それが残念ながら叶わなかった

あるいはなんらかの理由で手に入れることができなかった


そういったことに対する悲しさ、悔しさ、寂しさ、やるせなさ

そんな感情に襲われることがある


それが上記の要因と合わさったとき


もう、それはどうしようもない気持ち=衝動となって

襲ってくる


気がつくと売り専屋の前に立っている自分がいる


そういうことになるわけだ


良い悪いは関係ない、


買わなければ死んでしまう、ではないが


オレにはこれが必要なのだ、後悔しても構わない、理屈はどうだっていい


今はそれがしたいんだ


まさにそんな感覚だ


買わなければどうにかなりそう!もうやってられない!


そんな感覚がある


売り専をやっている男の子はそういったもの(お客様の叫び)


受け止めながら仕事をしているのだ



彼らがいてくれることで、一時的にも癒されるわけだから


彼らの存在は大きい



だからその代償も大きく取られても仕方ないのではないか

いやその代償は軽いはずがない


その2に続く


みなさんの感想をお待ちしております。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 8 =