またもやスリに襲われる!

しまった財布をすられた!

 

それに気づいたのは、Sさんがソンテウ(パタヤーの乗り合いバス)を降りようとしたときだった

 

子連れの泥棒(母と子)にウエストポーチに入っていた財布を抜き取られたのだ

 

Sさんはジョムティエンビーチのマッサージ店からホテルに向かおうとしていた

 

マッサージ後のゆったりとした気分を味わいながら、今回の旅の感慨にふけっていたのだ

 

ホテルに着いてウエストポーチから財布だけが抜き取られていたことに気づいたSさんは青ざめて、私たちに電話をしてきた

 

私(ひでき)はホテルに急行した

 

スタッフはすぐにクレジットカード会社と銀行の電話番号を調べてくれた

 

 

一緒に事件現場に行ってみた

 

何もなかった

 

その後、警察へ行き、紛失証明をもらう

 

 

警察官の呆れた顔

 

お客さんのやつれた顔

 

留置所にはクスリの使用で捕まったと思われるタイ人若者3人が

 

鉄格子からこちらにピースサインを投げかけている

 

タバコでもくれというのか?

 

どうしようもない国だ

 

 

タイは微笑みの国という

 

だが、忘れてならないのは

 

 

災いは忘れた頃にやってくる

 

災いは慣れた頃にやってくる

 

 

これから3連休で、海外に出かける人も多いだろう

 

だが、一事が万事

 

ちょっとした気の緩みが

 

すべてを失う

 

 

 

すべてを失うくらいなら、最初にオレたちガイドのきつい言葉を

 

聞いて従ってもらったほうがましだ

 

そう思うけど・・・

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 5 =