なぜスタバに通うのか?

パタヤーにはスタバはあってもドトールはない


だが、もしあってもドトールには行かないだろう



パタヤーのスターバックスコーヒーは高い


タイにしては高い




それほど高くなくて美味しいコーヒーを出す店は多くなってきた


でもなぜかスタバに通ってしまう


なぜだろう?





オレはコーヒーよりも紅茶のほうが好きだ


だがついスタバに入ってしまう


なぜだろう?






いろいろ考えてみたが


やはりスタバは椅子がいいのだと思う


静かな空間、禁煙であることも大きい


店員の接客がすばらしいのもある


洗練されたインテリアが好きなのかもしれない




でも


【椅子は多くのことを語る】




すわり心地がいいからつい長居をしてしまう



スタバは長居を許してくれる




日本のあのドトールのような固い椅子、狭い空間では


いくらコーヒーが安くても


のんびりできないのだ!



マクドナルドも同じだ


コーヒーは安いけど


寛げない!




スタバなら


のんびり、まったり、ゆっくり、寛げる




これらを総合してリラックスというのだろうが


リラックスの意味は意外に深いように思える





オレはメルマガのネタをそこで書いたり


新しいプランをスタバで練ることが多い




お客さんを喜ばせるような内容のメルマガや


お客さんを楽しくさせるようなプランを考えて


最終的にお金が戻ってくるなら



スタバのコーヒー代が高くても


結局は払い戻されると思うからだ



パタヤーの新しいショッピングセンター


AVENUEに出来たスタバは特に気に入っている




ケンとオレは平日の午前中にだけ


行くようにしている





平日の静かな時間こそが


もっともクオリティの高い時間なのだ




スタバは創造性の高い仕事をさせてくれる


スタッフなのだ



そう考えると単にコーヒーがうまいとか


まずいでは測れないものが


サービスにはあるよね



そんなサービスを提供したいもんだ


と思ったよ


(ヒーリングをお願いしているレイキヒーラーの佐藤健一さんのメルマガをもとに自分もスタバに関する感想を書いてみました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 4 =