オ○ンコマネー

またしても、えげつないタイトルになってしまったが、クリックされた方は


オ○ンコマネーって何のことだろう、と思われたことだろう



その中には「マ」を入れようが「チ」を入れようが同じである





要するにこれは、タイが今回の空港閉鎖によって失ったものの中で

最大のものだ




国際空港が閉鎖になって、物流が止まり


外資が引き上げられてしまった?


そんなことはごく表面的なことだよ




そんなことより、もっと大変なことが起きてるんだ


人の流れが止まってしまったことにより、


一般タイ人は大変な打撃を受けているのだ





どんな打撃かというと


いわゆる オ○ンコマネーが入らなくなったのだ




この オ○ンコマネー 


その喪失の方が表面的な数字より大きいと論ずる人は多い




なぜって


統計に出てくる数字など、ほんの一部だからだ




タイ人は


それで、とたんに生活が苦しくなったのだ




一方、セックスツーリストをはじめ、タイ人と個人的金銭関係を


持っている外国人は極めて多い




タイ人の女(商売女)や男(もちろんゲイの売り専だ)


をはじめ親戚でも家族でもないタイ人に払われているお金



それらは膨大なものであるが


それらはすべて決算書には現われない数字だ!





たくさんの孤独な人間が、タイ女、タイ男に貢いでいるお金


いわゆる援助のお金、生活支援金、家族を助けるお金


・・・もう名称などどうでもよいが


そのお金がとてつもない額であることは、NHKなどでは放送されない




実は今回の空港閉鎖で人生が狂った日本人は多い


会社を首になったり、離婚されたりしたのだ・・・




なぜって、飛行機が飛ばなくなったので



会社に内緒で海外旅行をしていたことがばれてしまったし


妻に内緒でタイ女を買っていた事がばれてしまったからだ




だが、旅行者の気持ちは痛いほどよくわかる




家族に、上司に、同僚に、世間にと


すべての人に気を使わねばならない毎日


今の日本には癒しという言葉は存在しない




せめて休暇には海外旅行くらいさせてくれ


せめて商売女との一発くらいやらせてくれ


そんな気持ちなるのも当然だ


旅行者はあらゆる意味において癒されたくてタイに通う




今月頑張れば、来月あの子とセックスできる


それをテコに頑張るのだ


そう自分に言い聞かせて頑張るのだ




たぶん自分もひとりで


日本に暮らしていたらそうしていただろう



孤独な先進国の人間が、タイ人との間につかの間の安らぎを見出し


貧しいタイ人との関係を繋いでおくための唯一の手段


それが【オ○ンコマネー】だったのだ




いま、そのお金が滞ってしまった



【オ○ンコマネー】は命をつなぐマネーなのに



【オ○ンコマネー】は【人間関係マネー】なのに




今度こそ、空港閉鎖などという馬鹿な事態になって欲しくない




それこそ【人間関係マネー】に依存する


何万人というタイ人の生活がかかっているのだから








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 12 =