いよいよ預金が引き出せなくなる・・・

香港、日本、アメリカをまたに活躍している米国の経済アナリストD氏が語ったところによると


今年中またはここ数年のうちに


預金が引き出せなくなる可能性があるということだ


最初は石だったお金が金属となり紙となり、まだその頃はよかったが


それがコンピューター上の実態のない数字となり


数字が数字を支配する時代になった


ありえない数字、赤い数字があっても


アメリカは借金をし続け、日本のモノを買ってくれた


だがその時代もやっと終わろうとしている


預金封鎖というより


虚偽のお金を虚偽で受け取っていただけなのだから


それはすべてが元に戻ったという


シンプルな事実なのだろう


これは自然現象かもしれない



苦労して貯めてきたお金が単なる数字となり


泡と消えてしまうのは


悲しい限りだが



おおよそ金とはそういうものだ


銀行は不完全な人間が作ったもの



それを信用し続けろ


という理屈が間違っている



銀行など最初から信用していないし


預金などないからオレはかまわないけど


これからどうするかは誰にとっても問題だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =