囲いを広げろーそうすれば奴隷だってことが分からなくなるから

パタヤーでゲイバーを営むアメリカ人に

現代の日本社会で働く日本人を見事に表現している英文があったから

紹介するよと言われた、かなりショックだった


Make the corral big enough

So they cannot see the fence

And they will think they are FREE


囲いをもっと大きくしろ

そうすれば、柵が見えなくなる

そして、彼らは自由だと感じるだろう




トヨタをはじめとする日本の企業はみな

これをやってきたのだ


【まやかし1】 給料だけではない、福利厚生を大きく見せることによって

他者よりも恵まれている・・・と思わせる(見せかけ)


【まやかし2】 不況に乗じて、お前たちはほかに行くところがあるのか?

お前みたいな人間を雇ってくれるところがどこにあるのか?

同じ給料を誰が払ってくれるんだ?・・・と脅かす(恐怖を煽る)



確かに海外旅行には行ける

好きなものだって買える

たまにはブランド物のバッグも替える


だが、自分の人生だけは自分でコントロールできない

まるで誰かに人生を握られているような感じだ


事実、たいていの日本人の海外旅行は3泊で終わりだ

あっという間に帰国の日がくる


ブランド物は買った瞬間はうれしくても、すぐ飽きる

次々と新しいものを買わされる


モノに振り回されるだけで、本当の楽しみには至らない

消費消費消費に振り回されるだけの世の中


これを日本人は本当の幸せだと感じている

すべては泡のようにはかなく、むなしいくせに



自分で自分の人生を決められないことに気づくこともなく


日々を生きている


あるときふと我に返り、ちょっとだけおかしいなと思いつつも



わがままは身を滅ぼすという思想が頭をもたげてきて


囲いの思想に戻ってしまう



「わがままを言ってはいけない


好き勝手に生きるなんていけないことだ」


そう思って大多数の人間は生きている



「自分らしく生きること」=「わがまま」


という公式がこの国では成り立っている


「世間様から見た幸せ」=「自分の幸せ」


という公式も存在する




本当は日本人は給料が高い奴隷だ


そんなことにさえ気づいていない人も多い




なぜなら、それほど不自由は感じていないから


そう感じないように柵を大きくして


飼われているのだから

じゃあ、どうすりゃいいんだよ


そんな声も聞こえてくる



オレだったらこう答えるよ


「・・・・・・・・・・・・したらいい」


(リンクの無い方からのコメントはご遠慮ください)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − nine =