四季があって良いですねとは貧乏人のたわごと?

以前、ある人と議論になった



日本は四季があってすばらしい、という人がいたので


それは江戸時代のことでしょう、と反論して議論になった




誰が40度近い夏と氷点下の冬の国を快適と思うだろうか


春には3日と続いて晴れないし


秋には長雨もある




桜が見れるといっても


名所はどこも人ごみだ




景色も、空間も、時間も、いずれも貧乏なこの国は


ハイテク製品だけで食ってきただけだ


それも危なくなってきている





航空機での移動が自由になったいま



金持ちは好きな気候帯にいつでも移動できるから


それをする




だが貧乏人は


その移動が自由にできない




従って悪い気候を無理に前向きに捉えて仕事するしかないのだ


貧乏人にはチョイスがないから


そう考えるしかないのだ



それは不自由人の思想ということになる




もっともオレも貧乏人だったから


常夏に移動したわけだけど




常夏に蒸し暑さはあまりなかった


だから、良すぎて帰れなくなった




もう5年以上冬を経験していない


今年くらいは雪を見たいものだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 5 =