吐き気がするNHK

時間ができたので


久しぶりにNHKを見た


スペシャルをやっているようだった


現在35歳の男性が55歳になったらという想定で


未来の日本を予測している番組だ


20分と見ないうちに吐き気がしてきたので


すぐ消した


いったいこのごろNHKの番組制作者は何を考えているのか?


番組制作の意図は何か?


何を訴えたいのか?


落ち込んで行く日本社会をスライドさせ


20年後の悲惨な姿を写し出すことによって


これからの行動を変えて行こうという趣旨に見えたが


はっきり言って幼稚すぎる


というか馬鹿すぎる





人は


ディズニーランド行きの列車には乗るが


寒い地方へ向かう列車には乗りたがらない



というか人々は


寒い地方へ向かうとわかっていても


その列車からは


そう簡単には降りられないものだ




人は脅しでは動かない


夢で動くのだ



もし行く着く先は夢の国だ


という強い希望があるなら


寒い地方行きの列車から


降りるという決断はできるのだ




大多数の日本人は恐怖でも動く民族だが


それも限界に達しようとしている



いつまでもこのお粗末なやり方で人を動かしていると


国全体が崩壊するぞ




日本にもう自殺者は要らないのだから


夢を語ってもらわなくては困る




現実を動かしてゆく人が欲しいなら


NHKはもっと


人々に希望を持たせる番組を作るべきであって


こういう脅しに近い


薄気味悪い番組作りは辞めるべきだ





いまや観光客の激減で


失業者が溢れているタイだって


人々の間には寸分の暗さも見えない



なんかNHK見てると


悲しすぎて


日本に行きたくなくなるよ




貧乏国のはずのタイが


天国に見えちゃうよ



NHKの番組制作班はただちに


パタヤーに来て


1週間、ここの太陽を浴びるべきだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 2 =