課長と室長は不要なポスト?

ある社長さんから聞いた話だが



本来、会社に課長とか室長とかのポジションは不要だという


もちろん、課長代理とか課長補佐も不要だ



○○室室長とか


○○管理課長とかいうポストも


ゴミに等しいポストらしい



企業は人道的理由からか世間の批判を怖れてか


そのゴミを捨てきれず


もてあましているのだという




実態はどうか?



たとえば室長は、社員のおもりをするポジションではなく


部屋のおもりをするポジションだそうだ


つまり給湯器や観葉植物の世話をするためのポジションで


実際の業務、つまり人の管理やプロジェクトの遂行


ができない人物を飼っておく地位らしい





一方、部長はセクションの長なので


そのぐらいは必要かもしれない



会社を率いる社長がいれば


セクションごとのマスターが必要であることは確かだ




40代後半~50代になって


課長補佐や課長代理の役職をもらっている人は


ほとんど将来がないと言っても良いらしい


いわゆる窓際である



ただ、窓際にだって生きる道はある


窓から飛び降りればいいのだ


着地したところから新しい人生を歩めばいい




50代後半からでも立派に事業を起こして


成功した人は少なからずいる


要はやる気の問題だ




世間ではまず髪の毛が薄くなるというが


最初に薄くなるのは勇気だ





誰一人そんなポジションには憧れていないのに


オレは室長だから


と薄う微笑を浮かべているくらいなら



さっさと現実を知って


清水の舞台から飛び降りたほうがいい


室長、聞いてるかい?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + fifteen =