【貧乏人は買わなくていい!】

【貧乏人は買わなくていい!】

ひどいタイトルかもしれないが、いわゆる生活に困窮している人たちに向かってのメッセージではない

考える力と心が貧しい人に向かってのメッセージだ

コンビニで売ってる水は100円で買えるけど

砂漠の真ん中で水を買おうとすると1万円する

どっちが高いだろうか?

モノの値段は高い安いじゃないんだよ

砂漠の真ん中で水が1万円しようが100万円しようが

買う人は買うの

だって欲しい人は欲しいんだから


モノの価値というのはそういうもの

欲しくなければ買わなければいいの

お客さんには買わないってチョイスもあるの

シンプルでしょ?


よくよく考えてみて

誰が給水設備もない場所で

水を売ることができるというの?

でも水は生きるために絶対必要なもの

その時、のどがカラカラに渇いていて今にも死にそうなら、それは命の水ということになる


砂漠で水を売るということはすごいことなの

砂漠で水を供給するための

システムとか手間とか膨大なコストがかかっているんだと思うよ

だから1万円の値段がついているわけだ


これを理解できるかどうかはその人にかかっている

そして利用するかどうかは

まったく、消費者のチョイスだ


オレは砂漠なんかには行かない

ずっと自分の部屋にいるってチョイスだってできる

でも、一歩外に出ようとするとそこは別世界なんだ

特に海外でそれなりのサービスを得たいと思うなら

代償はかかるのが当たり前でしょう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 13 =