死ぬまで情報に振り回されるのかよ?

一連のタイの反対派と政府の対立をポリシーある対決と思っている人も多いと思うが実はあれは権力者同士の利権争いだ


政府も反対派も国民の自由や豊かさなどこれっぽっちも考えておらず


いかに自分たちだけおいしい果実をいただこうか、と考えている


上層部の戦略により無知にされているタイ人は

延々と続く混乱に呆れ顔をしながらも

あわてふためく政府の指示に従っている


”無知にさせておく”という意味において

タイの支配層は国民のコントロールに成功していると言える


だが、そういうことでは国は育たない


ひとりひとりが国力の礎となって国を富ますことはできないし


貧しさから脱却することもできないし


国民が自由を得る日も来ないだろう



最終的に国はガン細胞とともに滅ぶのである


これは日本国民も同じなのだ


われわれは情報に振り回されるなと言われながらも


無意識に新聞を広げ、テレビのスイッチをつける


そこから流れてくるのは


真実とはかけ離れた歪曲情報(洗脳の一種)だというのに


それに気づかないで、ハハハ面白いなと笑っているのだ



こうして毎日、真実へのおびただしい冒涜は続けられ


人々の感覚が完全に麻痺するまで続けられる




今後われわれの人生はどうなる?


闇の勢力に操られる家畜として


死ぬまで振り回されて生きることになるのだ



心に一片の


”なんかおかしいよな”


という感覚を残しつつ・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =