バンコクのホテル、もう安値で泊まれなくなるかも?

モノの値段が安いことはいいことだ!
誰もがそう思う

だが、それはみんなが一定以上の収入があるときだけだ

北野たけしではないが

「貧乏と貧乏の間で金を回しているような仕組み」ではダメだと思う
というか、それって経済が破綻している証拠だよ

20バーツ札を束ねて金持ちになったと錯覚しているガキと同じ
(私のこと?)

こんなんでは先が思いやられる
夢がなさ過ぎる

最近、バンコクで一流と呼ばれるホテルでさえ
捨て身に近い値段設定をしていて
消費者にはうれしい限りだが
これではホテルに泊まることの価値自体がなくなるだろう

タイのホテルは全体に叩き売りの状態
まるで身売り

経営者はもう、経費だけでも払えればそれでいい、という感じ
(利益があってはじめてグレードアップが図れるのに)

バンコクのコンサルタントSさんによれば、ある中堅のホテルは電気が止められ、宿泊客が真っ暗闇で逃げ出す騒ぎだったという

電気が止まれば「うんこ」も流せないんだよ

ところで、いままで一流ホテルなど泊まれなかった人間(私のような人間)が、この安値に乗じて念願のホテルに破格で泊まることができるようになってしまった

そんな現象も出てくる

犬も猫も、ファーストクラスに乗れる
5星に泊まれるとなると

何の価値もなくなる・・・
ブログに書いても、誰も振り向かなくなる・・・

”俺は一流ホテルに泊まったんだよ”
と、自慢しても誰も相手にしてくれなくなる

よほどでない限り

そもそも一流のホテルが値段でしか勝負できないなら
もう一流ホテルではないのだよ

それはビジネスとしても大きな間違いを犯しているといえる
一流ホテルに安値で泊っている人間が一流なのではなく
タイのホテル価格がもう下げ止まらないだけなの

このままだとタイのホテルは壊滅とまで行かなくても
淘汰されてしまうだろう

あと何年、いやあと何ヶ月続くかもわからないが
ホテル自体が消えてしまうだろうよ
戦後の焼け野原のように

安値で泊まれるのはほんの短い期間だと思う

ホテル業界自体が衰退してしまえば
誰もホテルはやらなくなる
残された道はゼロからの再出発しかない

この世の楽しみとは一体何だったのか?
飛行機とホテルの宿泊?

憧れの空の旅を提供してくれた飛行機会社
どうなったか?

一世を風靡したパンナムは跡形もなく消え去った
UAも破綻した、アンセットも、スイスエアーも破綻した、もJALも破綻した

一流ホテルも今は温泉旅館、観光ホテル
中国人のおやど、すずめのおやど

みんな経費にやられて失敗した

いまのサービス業はどうか?

現実はどうなっている?

月々の家賃や経費を払うのに精一杯だ

だれも余裕なんかない

いよいよほとんどの産業で淘汰の時代がやってくるよ

もう、安い安いなんて喜んでられない、と思う

ホテル業界に限らず、すべてにおいて抜本的なビジネスシステムの再構築しかないだろう

この値段しかない思考が、完全に排除されるまでは

バンコクのホテルが安いって喜んでるそこの人(私のこと?)

そろそろ、ショーは終わりだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =