満月メールに酔狂なコメントは要らない

海外に駐在とか外地に赴任をしていると頭がおかしくなるのだろうか?

(それともオレの頭がおかしいのか?)


毎月、満月の夜に送信している【満月メール】に素っ頓狂な返事をよこすおっさんがいる


こちらもひまだったからメールにつきあったのが間違いだった


以下は、その素っ頓狂のおっさんへのお別れのメールだ


もちろん、その人の名誉のために仮名にしたが

勤務先はco.jpがつく有名な会社なので驚く


==========


私たちスタッフは谷口さまとのやり取りに関して、過去の失敗例に照らして、危険性を察知しましたので、ここに彼らと協議の上、今後のおつきあいをご遠慮させていただきたくお願いするものです。


同じ地球に住む者として、恨み合ったり憎みあったりということは避けたいと思います。
私たちも一定期間満月メールをお読みいただいたことは感謝しております。


満月メールだけなら再開しても構いませんが、谷口さまからのコメントは不要です。
私たちの感性に合いません。


そして、過去の問い合わせ例において 


”いつかお世話になりたい” 

と言っておきながら、実際にご利用されたお客様はひとりもおられません。


(だいたいアンタみたいなヤツは心のなかで「おたくを使う気なんてさらさらないけど、あんた面白そうだから付き合ってくれない、それに将来もしかしたら使うかもしれないけど・・・」って思ってるんでしょ・・・)


ビジネス界の常識として「ちょっと会いたい」という方との購入率、成約率はほぼゼロであることが分かっています。


私たちは満月メールのお返事をいただいたところで、何をすれば良いというのですか?


私たちは暇な谷口さまの話し相手になれ、ということですか?


優雅に見えるかもしれませんが、私たちはこちらで熾烈な戦いを強いられているビジネスマンです。


そういったことが同じビジネスマンの谷口さまには察知できないのでしょうか?


何のために上海(赴任先)に派遣されているのですか?


谷口さんは上海(赴任先)で一体何をされているのですか?


本当にご利用になられる方は、季節の挨拶だけではなく、必ず具体的な渡航日程をお教えくださいます

また、会社のメールアドレスをそのまま使用されている方と私共がうまく行ったケースはありません。


これは本人の意識の問題もあると思いますが、会社のメールアドレスを個人用として使えると錯覚しているからではないでしょうか。


そのような意識の方と私たちがうまく行くはずないでしょう?!


従って、これらがおつきあいをお断りさせていただく主要な理由となりました。


ですがもし、将来パタヤーにお住まいになるようなことになった場合は、どうぞお声をお掛けください。


私たちも在留邦人としてできる限りのお手伝いをさせていただきますので。もちろん、かかる費用は頂戴します。


これからは本格的な海外リタイアの時代になるでしょうが、退職してからは個人の力が問われるわけです


退職してからもかつて勤めていた日本の会社の名刺を持ち歩いている人を見かけますが、何を考えているのか、と思います。


その姿はまったく惨めに見えます。


そして趣味については何をやろうと自由ですが、これからはゴルフや釣りではなくボランティア、どれだけ人を助けるほうが有意義かと思います。


ご理解の助けになればと思い、ここにメールさせていただきました。


なお、これが私たちからの最後のメールになります。


谷口さまのメールアドレスはすでに迷惑メールに登録してあります。


今後なんらかのご用があれば弊社のお問い合わせ欄からお願いいたします。


それではお元気でお過ごしください。


長い間満月メールをお読みいただき誠にありがとうござ
いました。


どうぞ良い人生を


谷口様のご成功をタイ・パタヤーよりお祈りしております。


タイ・パタヤー


やしの木ひでき


お問い合わせはこちらへ


満月メールをお読みになりたい方はこちらをクリックなさってください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + three =