有名人の寄付は売名行為か?

またしてもたくさんの読者から反感を買いそうだ


”あんた心が腐っている”


”寄付しないより寄付したほうがいいに決まってるでしょ”



んなコメントが返ってきそうだ


確かに1億円の個人寄付、なかなかできるものではない


だが、何十億という隠れ資産のなかから


被災したヤツラがかわいそうだからという気持ちで


1億円ぽいっ と出す人間に果たして血と涙があるのだろうか



私としては、寄付者の善意を信じたいが


【○○さま○○億円のご寄付】


という宣伝は


いわゆる神社の奉納と同じような気がしてならない



災害はオークション商品ではない


現実の苦しみは想像を絶するものだ




いまこの瞬間にも、苦しみあえいでいる人がいる


工場が流され、仕事を失った人もいるというのに


その人に直接の支援は届かず


”支援金合戦”に興じているように思えるのは



ゆがんだ考えの持ち主である私だけだろうか?


1億円を寄付できない貧乏人のひがみだろうか?



遠く離れた場所から、美しき行為という名目で寄付をするのはいいが、それにかこつけた売名行為なら、災害は何度でもやってくるだろう


本当に助けたいというのなら


足長おじさんのように


誰にも知られず匿名で寄付したらよいのでは?


寄付をするにしても、何をするにしても


その動機が問題だと


私は思う


ご意見ございましたら


こちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 11 =