我慢やめろ、日本人

またしても周囲からの非難を浴びそうなタイトルだが

われわれがこれまでお世話してきた300名ほどの顧客

すべてに言えることだが

日本で我慢して、我慢して、我慢してやっている人は

その反動がすごく大きくなるということだ

これは絶対的に、統計的に非常に正しい


この人日本ではわがままやっているな、と思う人は案外素直なのである


いわゆる「オレはわがまま放題やってるから・・・」というタイプのお客さんに


不具合を起こす人はあまりいない


問題なのは

「仕方ないですよ、社会の決まりだから・・・」

とか

「なんとかならないかと、思ってるんですけどね・・・」

とか妙に物分りの良い人だ


そういう人って、いわゆる世間で言う「いい子ちゃん」なんだよね


世間で言う「模範生」って病んでる場合が多い


っていうか、世間に良い顔をするためには


心を病ませる必要があるんだ

だから、「いい子ちゃん」の表情はいつも暗い

というかいつも「コントロールされてる」ような感じがしている


「いい子ちゃん」=「コントロールされてる子ちゃん」なのだ


そういう人は十中八九、こちらでの遊び方が「病的」であり「怪しい」

いや、ストレスを発散するのは悪くないよ


だけど、あまりに我慢しすぎている人というのは

あとが怖いんだ!!!


このあいだ、日本に一時帰国したとき


大阪の居酒屋に入ったんだ


そしたら そこにいる人たちのはしゃぎようっていったらなかった


居酒屋に行く人を低いレベルの人とは言わないけど

そこに来ている人は日常的には大変な苦労をしているんだ


だからこそ、大声で、きょうの憂さを晴らしているんだ


ストレスというのは癌みたいなもんで

ほっておくとどんどん進行して


あとで手をつけられないような状態になる

やがて今の大部分の日本人のように


無感情な廃人となってしまうんだ

恐ろしいよ


廃人なんて言い方してごめんなさい


私が言うのは精神的廃人っていう意味


震災で自粛、周囲に気を使う、休日返上で人を助ける

すべて良いことだけど


だからといってストレス溜めると

全部返ってくるよ!

適当にサボったらいいんだよ、日本人


他人の目を怖がらずにさ・・・


少なくとも私(ひでき)はそう思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =