ギャンブルで財を成したヤツはいない

同級生の井川君、話題にされちゃって、かわいそう


だが・・・


【ギャンブルで財を成したヤツはいない】


二代目三代目となると創業者とは大きく違う


創業者はその苦労を身をもって知っている

というかゼロから立ち上げることの苦労は創業者しか知りえないものだ


多くの人は「知る」=本やインターネットで知識を得る、と勘違いしている


ちがうんだよ、そこが

何度も何度も失敗して


さくさんのお金どぶに捨てて


たくさんの人に騙され、裏切られ、批判され、馬鹿だと言われ


たくさんの涙、流して


それでやっとノウハウつかむんだよ


それが「知る」ということだ


創業者の人生はそんなものだ



だけど、創業者は息子と孫の教育はしくじったんだね


だからこうなっちゃんだ


(溺愛すると教育を忘れるんだね)


でも、それはある意味仕方ないのかもしれない

井川意高君はそもそも成功者じゃない


単に創業家に生まれただけだ


それって運命だし、可愛そうでもある


普通の家庭に生まれてりゃこんなに騒がれることなかっただろうに


オレんちみたいに水呑み百姓の家に生まれれば肥溜めだって担がされる


そういう苦労が経験できたのに・・・

大事なステップ、踏めなかったんだもん


かわいそうだよ



本当に有能な親というのは金持ちであるべきじゃないのかもね


有能は親は子どもを鍛錬するために、わざと苦労を強いるもんね

オレのオヤジは無能だったけど


アメリカとヨーロッパに勉強行かせてくれたことには感謝してる


それにしても、昔っから「ギャンブルで財を成した」って話は聞いたことがないな


統計から判断すれば「ギャンブルで財を成した人はゼロに等しい」

こんなシンプルな事実を子どもに教えられないなんて

たとえ創業者であっても親になると溺愛という愛情に溺れ冷静な判断力を失ってしまうということだ


つまり創業者であっても簡単に手元が狂うってことだ

それに大王製紙もたいした会社じゃないって事実にもみんなは気がついたほうがいい

そんな会社に「将来性のある会社だから」といって大企業や著名企業に就職するヤツも甘い


将来性なんて他人の会社に将来預けてどうすんだよ



将来なんて誰にもわからないんだよ!馬鹿野郎!


もっとも信頼できるのは自分だよ!

トイレットペーパー作りの会社なんかに勤めないで

さっさと ちり紙交換の会社 でも始めろ!


最初はトラックなんか運転するな!

リヤカーを引け!

大企業で思い出したが、大企業に勤めてその給料でパタヤーの安コンドミニアムを買ってる馬鹿なやつがいる


お前のお金は、”時流” で流れてきた金だろうが・・・


そんなの”財”じゃないよ・・・


お前が築いたんじゃなくておこぼれだろうが・・・


なぜお前が築いたんじゃないかというと、お前は命令に従っておこぼれを貰ったに過ぎないからだ


お前が身を削って真の「知る」を実行したときに初めて財というのは成るだよ


勘違いするなよ馬鹿!


それにタイのコンドなんか、”財”じゃ
ないよ、ゴミだよ。


なんで1年も経たないうちに雨漏りするんだよ、本当の財なら雨漏りしないだろ


そういうこと自慢げにやってるやつは視点がおかしい




ギャンブルの話に戻るけど、そもそもギャンブルは「胴元だけが儲かるような仕組みになっている」



たま~に、ラスベガスの田端義男みたいに儲けるヤツがいるから夢描くヤツが出てくるの


だから参加者は絶対に儲からないようになっている


でないと、胴元はどうやって暮らせるってわけ?


こんなシンプルな事実に気がつかないなら


ちり紙交換から始めろっていいたくなる


結局、井川少年は孤独だったんだよ


そうだウチも創業家だから注意しなくっちゃ・・・(笑)


オカマじゃ子ども生まれないか?(激笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =