人はそばにあるものを取りたがる・・・ラン島死亡事故に思う

人はそばにあるものを取りたがる・・・ラン島死亡事故に思う

昨日(2013年11月3日)大勢の観光客でにぎわうラン島の沖で

フェリー沈没の死亡事故が起きた

日本人の乗客が乗っていたとの報道はないが

タイ人中国人そのほか外国人(おそらくロシア人)が死亡した

乗客の半数はロシア人だったというから

地元の旅行代理店が、ここぞとばかりにロシア人を乗せたに違いない

またマイペンライの地元の業者がそれに異議を唱えなかったのも容易に理解できる

誰がラン島を良いといったのか?

私にはまったく理解できない

すでにケンと10年前にタイに来たときこのラン島に連れていった

(それはケンにとって生まれて初めてのパタヤーだった)

【ああこの島は終わっているな】   

と直感した

そもそもそれまで、地中海とかカリブ海とかグレートバリアリーフとか

いやいや有名どころではなくても、ダイバーたちが憧れるフィリピンの島々を見てきたから

ラン島が世界的に見て、どれだけのレベルにあるかわかっているつもりだったが

悲しい人間のサガで、

【これだけ話題になっているのだから、きっと良い場所ではないか】

【話の種に一度は行ってみよう】

と考えてしまうものだ。

だが、世界には世界三大がっかり(※)以外に、行くべきでない場所はたくさんあるのだ。

もし、これを読まれている方がいるとすれば、

ご自身の【直感】に頼られることをお勧めしたい

それがネットであれ、ブログであれ、写真集であれ

心惹かれるものがあれば、それが何かを意味している

直感的に、ここはたいした場所ではない、と思うなら

世間様がどう言おうが

断固拒否したほうがいい

というか行くのはやめにしたほうがいい

逆に、あんまり人気なさそうでも

自分に何か感じるものがあったらぜひ行って見られることをお勧めする

私自身の経験で申し訳ないが

すごく良いと思ったところ

イタリアのサルディーニャ島にあるエメラルド海岸(巻末の画像をご覧ください)

実際に行って見てまことにすばらしいところだと思った

きょうのお話の最後に

※これまでの人生でもっとも美しかったと思われる島の写真を

残念ながら、この島の情報を日本語で見つけようとすると非常に限られている

美しい場所と観光地というのはちがう

美しい場所というのは、実は誰でも簡単に見つけられるような場所ではないんだ

さんざん探して見つかったというのがそういう場所なのかもしれない

ラン島に行ってみたいという人のことは責めないが

だいたい安易な場所に行きたがる人というのは

結局、努力しないで世間に流されやすい人

他人に依存しがちな人ということなのだろう

人はそばにあるものを取りたがる

なぜならそのほうが簡単だから

でも、ちょっと待って・・・

本当に美しいものを見たいなら

そこで感動したいなら

手を抜いてはいかんということだ

本当の旅をしたいならお問い合わせください

ご質問ご相談ございましたら、いつでもお気軽にメールください

※世界三大がっかりは次の通り
1) シンガポールのマーライオン
2) コペンハーゲンの人魚の像
3) ブリュッセルの小便小僧

イタリアのサルディーニャ島の位置とエメラルド海岸の画像

さようなら日本!こんにちはタイ!-アルディーニャ島はどこ?

さようなら日本!こんにちはタイ!-エメラルド海岸(悲しくなるぐらい青い)

パタヤー・ラン島沖での死亡事故について
http://www.afpbb.com/articles/-/3002615

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =