短期間で巨額を得ると、短期間で失うってこともあるのかな?

中国のネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)が11月11日に行う「独身の日」セールで、開始から2分1秒で総取引額が10億ドル(約1130億円)に達したという。

 

 

 

これ自体、喜ばしいことだと思うし

 

いかにも中国らしいものを感じる

 

 

 

 

これにあやかった商法は日本でも応用されている

 

 

独身者に優しくするのはいいことだと思うよ

 

 

 

しかし、どこかにアンバランスなものを感じる

 

 

日本は少子化だから結婚してほしいんじゃないの?

 

 

中国はどう?

 

中国は高齢化がものすごい勢いで進んでるらしいけど

 

大丈夫かな?

 

 

 

数年前、上海を訪れたとき

 

お年寄りで一杯だったよ

 

 

 

独身中国人、ネットで買い物、大歓迎だけど

ほかにやることあるんじゃない?

 

 

中国の人たちだってどんどん年老いてゆく

 

そういった人たちはどうするのか?

 

誰がケアーしてゆくの?

 

 

アリババが儲けたものって

きっと何かどうしようもないことのために

流れちゃうんじゃないかな

 

 

カネは循環してるから

結局元の所へ戻るよね

 

 

あっ、ごめんごめん

 

 

 

そんな心配しなくていいか・・・

 

 

だって中国には万能な共産党という組織があるもんね

 

 

 

いざとなったら、1億や2億、簡単に戦車で轢き殺せるもんね

 

 

いまは天安門のときよりももっと高性能の装甲車ができてるだろうから

 

 

安心安心!

 

そして

中国万歳!

 

やっぱり中国は偉大だ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 6 =