ジョムティエンのゲイタウンにはなぜカンボジア人ゴーゴーボーイが多いのか?

ジョムティエンのゲイタウンにはなぜカンボジア人ゴーゴーボーイが多いのか?

われわれ日本人の間ではそのジョムティエンのゲイタウンをジョムティエンコンプレックスと呼ぶことが多い

それはジョムティエンコンプレックスというエリアが商業娯楽施設でありながら

ゲイビジネス(ゲイバー、ショーパブ等)の比率が極めて高いからである

ジョムティエンコンプレックスに足を踏み入れたことのある人なら

そこで働く男の子たちが、かなりの割合で、いやほとんどカンボジア人であることに

気づくであろう

 

 

振り返れば私たちは5年前までジョムティエンに住んでいた

2004年から2013年までの9年間、ジョムティエン地区にオフィスがあった

それはこちらへ来た当初、ジョムティエンのほうがすっきりしていて、ゲイビーチも近いし、道路が広い

なによりパタヤー市内よりもゲイ比率(在住ゲイ、観光者ゲイ)が高いと判断したためである

ただジョムティエンコンプレックス自体は数年前まで廃れていた

特にレストラン(フレンチ、イタリア)はほとんど客がいないようであった

タイ料理、インド料理も出来ては消え、出来ては消えだった

ゲイ目当てのショップ(雑貨、衣類)も営業していたが

客がほとんど入らなかった様子で徐々に無くなっていった

 

ちょっと歩けばわかることだが、数年前までショッピングセンターや駐車場を意図して作られたと思われる建物はひどく荒れ果てていてそこには露天商すら入る様子もなかった

ジョムティエンコンプレックス、そこはゲイの店こそあれ、ただただ広い空間が広がっているだけだった、寂寥感すら漂っていた

 

 

 

ところが・・・

昨年(2017年)ぐらいから潮目が変わったように思う

あちこちでカンボジア・ゴーゴーボーイを見かけるようになったのである

というかジョムティエンコンプレックスのゲイバーの男の子は

ほとんどカンボジア人ではないか、と思えるほどである

ジョムティエンだけではない、ボーイズタウンやスンニプラザでも

ゴーゴーバーでうろちょろするカンボジア人を頻繁にみかけるようになった

 

 

旅行者が外見でタイ人とカンボジア人を見分けることは容易ではない

タイ在住者でさえ識別は難しい

 

 

だが、たとえ日本人であっても、タイに長く住んでいれば(少なくとも10年以上住んでいれば)

だんたんタイ人と非タイ人との判別ができるようになるものだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + eighteen =