ゲイは不便だが、不幸ではない!

  • ゲイに生まれたからこそ、つきまとう不便、不都合、障害ってあると思う。

会社ではゲイ疑惑の対象にならないかと怖れ

家族からは結婚しろと迫られ

考えてみればわれわれゲイの日常は

苦悩から切り離されることがないように思える

 

これには本当に疲れてしまう

 

お客様のなかにも・・・

自分は問題なく育ちましたが、唯一、孫の顔を見せてやれないことが親不孝だと思っています

と後ろめたさを感じている人も多い

 

一般社会の価値観を適用すれば・・・

子孫も残せないゲイという種族に生きている価値はなく、もう死ぬしかない

のだが・・・

 

そもそも神様は本当にオレ達を苦しめたくてこの世に送ったのだろうか?

いやそんなことはない、と思う。

そうでなくて・・・何か意味があってそうしたのではないか?

 

神様はもしかしたら・・・

お前たちが、一見不利に見える条件をうまく活用すれば、すごく幸せになれるよ!

と逆にチャンスをくれたんじゃないかな?

 

この世には因果というものがあって

われわれゲイに生まれてきた者はすべて

この因果を知って生まれてきたのだと思う

 

あえて平坦ではない道のりをなぜわざと選んで生まれてきたのか 

 

私も若い頃はわからなかったが、40歳になったとき、これが前世からの因果だと思うようになった

 

因果は良いも悪いもないのだから

いっそ

この因果は贈り物と思ったほうがいい

と結論した

 

そして、あえてこの性質(セクシュアリティ)をこの人生で経験することによって

魂のレベルが上がるという設定だから

オレは選ばれた人間

特別な星の下に生まれた人間

普通の人間(ノンケ)だったらできない経験ができる人間

と思った

 

なぜなら・・・

男のアレをしゃぶったり、逞しい裸体にさわったり

夢見るような男に抱かれたり

入れたり入れられたり(笑)

射精のしびれるような快感を味わったり

これを経験できることは何よりの幸せではないか?

 

(忘れがちだが、女性とつきあうことによる複雑な人間関係や妊娠などの煩わしさから解放されることも見過ごせないメリットだ、女性が嫌いと言っているのではありませんよ)

 

上記のようなエロチックな利点以外にも

同性を愛することの喜び

仲間と連帯する楽しさ

差別しないことの価値

強く生きることの価値

われわれはこれを最初からわかっていて

生まれてきたのではないか

 

だとしたら

これは絶対に恩恵なのである

 

 

ゲイは不便で苦労が多くやりきれない、と思うことも多いけど

 

ゲイだからこそ持てる才能がある

ゲイだからこそ味わえる喜びがある

これはゲイに生まれないともらえない特権

に気づくべきだと思う

 

特権なのだから

幸せだなと思えばよい

感謝すればよいのだ

 

この世はふてくされて生きる者が負ける仕組みになっており

感謝して笑顔でいる者が勝つ仕組みになっているらしい

 

ゲイとして生まれてしまったことは負け組に生まれたということでは断じてない

 

これをチャンスだと思って生きることが本当の幸せや成功につながるのだと思う

 

まさに芸(ゲイ)は身を助けるのである

(自分もそう思ってタイにやってきたし、仕事も続けてきた)

 

 

ゲイに生まれたことを嘆いている諸兄がいるなら申し上げたい

 

ゲイに生まれたことは天の恵みだと思うし、神様がわれわれに成長のためにくれたお土産なのだと思う

 

その贈り物を無視して暗く生きるのはやめましょう

 

ノンケ達の前では、敢えて我が身の不幸を嘆くふりをし、相手を油断させ、あとでヤツらを一気に出し抜くのだ

 

本日のまとめ

ゲイに生まれたこと

それは神様から成長を期待され、愛されている証拠

従って、ゲイは不便だが、不幸ではない、という結論に至る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 5 =