搭乗券を持ったまま、飛行機に乗り遅れるとどうなるか?

 

説明は簡単でしたが、人々の流れに逆らって行動する、というのは非常に疲れるもので

 

出国した状態⇒再入国⇒荷物受取⇒新規航空券購入⇒再チェックイン⇒再出国⇒再度搭乗ゲートへ

というステップは、かなりしんどいものがありました。

 

まず、入国し直しのため【入国審査場】まで行くと

審査官からは・・・

「なぜきょう出国したばかりなのに入国するのだ?」

と聞かれ、事情を説明すると

”お前みたいなバカはみたことがない”

という顔をされ、あきれた顔でハンコをおしてもらいました。

その後、【マレーシア航空の荷物相談所】に行くと、遺失物係の担当者から

 

「お前はどうしてそんなバカなマネをしたんだ。

爆弾、仕掛けたわけじゃないだろうな

さっさと理由を書け、

ここにサインしろ

荷物はいま探してる

しばらく待て」

 

と1時間近く、待たされたあげく、スーツケースを受け取りました。

 

スーツケースには、【OFF LOAD Baggage(降ろされた荷物)】 という黄色のタグがつけられていました

 

(しかしながら、そこには予想外にたくさんのお客さんがいました。荷物が出てこない、スーツケースが壊れた、など結構問題のあるお客さんも多いんだ、と思いました)

 

 

さらにその後、税関を通り、到着階から出国階段まで上がり、チェックインカウンターに行くと、

「航空券を持っていない人はチェックインできません。

まず切符を買ってください!」

思えば、乗り遅れた時点で前の航空券は失効しているのだ

 

「航空券売り場は、ど、どこですか?」と聞くと

「切符は外の販売カウンターでしか売ってない」

 

と言われ、まったく新しい切符をノーマル運賃で買わされたのでした。

 

値段を聞いてびっくりでした!!

 

とにかく最初に買った往復切符より ”ずっと高かった” んですから。

仕方ないですよね。

 

それにバンコク=クアラルンプール間は複数便飛んでいるので

 

その日の最終便に乗れたのがせめてもの救いでした。

 

 

最後にてこずったのが、出国審査でした。

 

審査官はとても慎重な人で、パスポートを見せると

「なぜ同じ日に同じスタンプが押されているのだ?

どうしたらこんなことが起きるのだ?

お前はテロリストではないだろうな?

ボスにどう説明したらいいか分からない。

同僚に聞いてくるから待っていろ!

その場を動くな!」

 

(それもそのはず、出国審査場にはバリケードや鉄柵があるわけではなく、審査官の目を盗んで、あっち側へもこっち側へも行くことだってできるわけだ・・・

 

まあ普通の人はそんなことしないけど、テロリストならそうするかも?)

 

 

と、さっきの審査官よりも、厳しい口調で問い詰められ、さらに待たされたました。

 

結局、私の後には長い列ができてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 5 =