パタヤー沈没組に生きる道はあるのか?(パタヤーなんてずーっと居る街じゃない)

あまりに侮蔑的な内容なので許してください!

と思ったが、このところ強く思うことがあったので思い切って書かせていただいた 

ずーっとパタヤーでバカンスしてるんじゃない!

パタヤーなんて長く居る街ではない

急な山を登りつめて頂上に腰をおろす旅人は、
ほっと一息いれるのが限りない喜びであるが、
もし永久にそうやって休息していろと無理じいされたら、
彼は幸福であるだろうか。

─ スタンダール ─ (『赤と黒』)

人の生き方、さまざまで、どんな風に生きてもいいのかもしれない

それこそ他人の人生に、口出しなんてできないものだが

 

きょうはあえて言わせてもらう

 

 

私(ひでき)自身を含め、正式な意味で、いわゆるリタイア年齢に達していないにも関わらず、パタヤーに長居している人間は多い、日本人も多い、特に男性である

 

パタヤーにおける長居とは、長患いのことであり、それが本来の病気ならまだ回復の見込みもあるのに、この病気にかかると治る手立てもなく、ただ漠然と日々を過ごすようになるのである

 

 

私はこれらの人々を【パタヤー沈没組】と呼んでいる

 

 

なぜ沈没かというと、文字通り、沈没するとは、船が海の底に沈むことであり

もう浮かんでくることが不可能な状態を言うのである

 

 

人間に当てはめれば、再起不能、精神が大きく損傷し、現実社会に復帰することができず、ずっと埋もれたままの人間

エンジン(動力源)が故障(破壊されて)してしまっているので、前へ進むこともできない

そんなどうしようもない状態にある人間を言うのである

 

 

沈没組とは特に30代後半から40代後半にかけての世代である

 

要するに働き盛りの年齢層である

 

 

学校を卒業して社会に入り、社会人をひと通り経験した人間なら、誰でもひと休みしたい、とは思うものだ

(それはわかる!いまの日本、閉塞感がいっぱいだものな、息苦しいと感じるのもわかる)

 

 

 

そんなとき「タイにでも行こうかな・・・」と考え、うっかりタイへ足を踏み入れてしてしまったのが運のつきというもの

 

たまたま訪れたパタヤーにハマってしまい、気がついたときにはリピーターになっていた、というのがよく聞くきっかけのストーリーである

 

 

 

リピーターになった、というと聞こえは良いが、要するに中毒になったのである

 

パタヤー中毒とは、それなしでは生きられない、という依存症のことであり、立派な心の病気である

 

 

いわゆる食欲や睡眠欲などの生理的欲求とちがい

それを止めたからといって死んでしまうわけではない

 

だが、たった数か月あるいは数週間、このパタヤーという麻薬から離れていると

禁断症状が出始め、居てもたっても居られなくなるのである

 

 

 

良識ある社会人は、それでもなんとか己を奮い立たせ

理性を総動員させて、この中毒症状を断ち切り、なんとかまともな社会人に戻ろうと日本へ帰ってゆく

だが、沈没組はそれでもタイに居続けるのだ

 

めでたく日本に戻れた社会人でさえ、パタヤーを恋しく思うらしい

 

 

そういう人は帰国後、2週間もしないうちに、あのパタヤーでの、怪しくも輝いていた時間を思い出したりする、のである

 

これを読んでいる読者がそのような気持ちに共感できるなら

タイ病の兆候があると言えよう

 

でも、あなたが日本に暮らしているのなら

まだ、沈没組ではない

 

あなたの経済的基盤は、日本にあるからだ

 

 

パタヤー沈没組とは、経済規模はおろか、その症状(禁断症状)を抑え込むことにも失敗し

日本での生活を捨てて

この混沌かつ、無秩序の、まるで悪魔が支配するような

南国のパタヤーに逃避してしまった輩(やから)のことである

 

 

最近目立って増えてきているのは、30代~40代後半と思しきプチおじさん風日本人である

 

おじさんのように見えて、意外と若い日本人

若そうに見えて、実はいい年してる日本人

どっちかと考えてよい

 

 

外見はどうでも良いのだが

彼らは一体、どうやって暮らしているのか

 

ある人は、日本で定期的にアルバイトに行くという

ある人は、バンコクのコールセンターで働いているという

ある人は、株や投資などで、ミニ収入がある、という

ある人は、早期退職金でももらったのだろう、お金が無くなったらそのときはそのときだ、という感じだ

 

最近、街を歩いていると、そういった若者風おじさんとおじさん風若者日本人を、見かけることが多い

それはゲイに限ったことではない

 

 

実は私(ひでき)もそう見られているのかもしれないのだが、事実年齢的にはもう若くない

パタヤーでは日本人もタイ人も

 

とうの昔に見かけなくなった人を、再び見かけることが多い(10年前とかよく見かけた人)

 

それで私はため息交じりに

”ああ、あの人まだ生きてるんだ”

”ああ、あの人まだパタヤーにいるんだ”

”あの人も私と同じ沈没組だな” 

と思うのだ

 

なぜ、パタヤーがそんなに居心地が良いのだ?

本当のことを言えば、パタヤーが居心地が良いのではなく、いまの日本が居心地が悪すぎるからなのである!!

 

 

 

私自身も日本社会で生きてきた日本人であるからそれはよくわかる

 

日本社会は厳しすぎる

給料は上がらない

いつも忙しい(忙しくないのが悪みたいだ)

休みは簡単に取れない(休みを取るのが悪みたいだ)

外から見ればおもてなしの国だが

内から見ればマニュアル対応してるだけ

 

街ゆく人々の視線は暗く冷たい

とくに独身男性には「なぜ結婚しないのか」視線が鋭く突き刺さる

冬はバカみたいに寒いくせに

夏は死ぬほど暑い

(この蒸し暑さ、なんとかならないものか、タイのほうがよっぽど涼しい)

と電車に飛び込む人の気持ちがわかるほどであった

(最近は夏と冬が異常に長く、春と秋が異常に短いと感じている)

ああこんな国生きていたくない!(と叫びたくなる気持ちは痛いほどわかる・・・)

 

 

さらにゲイという性指向を持っている者にとって将来はますます暗いものと感じられる

 

結婚圧力が無くなったと思えば、老いの恐怖におびえなくてはならないのだ

日本はまだまだシングルゲイが明るく生きていけるほどゲイに優しい社会にはなってない

 

これからどうやって、この厳しい日本で生きて行けばよいのか、と思ったとき

南国のあっけらかんとした空気は何よりの癒し剤なのである

とろけるようなタイでは何もかもが許されたような気分になるから不思議である

 

 

かつての私はいつも、宝くじを買っては

 

「このくじが当たったら絶対に海外に逃避してやる」

と思っていたくらいである。

だが、そう思っている人間にくじが当たることはない

 

 

 

結局、自分の場合・・・

7年間の裁判で得た賠償金と

20年働いて貯めたお金(ほんの少しだけど)

をもって船出するしかなかった

 

 

たくさんの起業ノウハウ本を読んで

日本脱出計画を立てた

世界7か国を漂流したが、結局、誰にも相手にされなかった

最後に行きついたのが、タイだった

 

 

自分にとって、タイと言えば、そもそも下から数えたほうが早いくらい嫌いな国だったが

 

 

ゲイを生かして、身を立てるなら

タイしかない、とも思っていた

(30年以上前からタイは日本人に人気だったけど

私にはまったく魅力的ではなかった)

 

 

 

だが実際、タイに来てみると

パタヤーでチンチンを起たせている日本人は多かったが

パタヤーでビジネスをして、身を立てている日本人はほとんどいなかった

 

さらに、あとで気がついたことだが・・・

パタヤーは金を稼げるような街ではなく

逆に金を使わされるような街だった

 

 

 

それでも、15年前からきょうに至るまでけんと私が生きてこられたのは奇跡だ

 

救いの神はお客様たちだった

お客様たちは本当に私たちを支えてくれた

 

私たちがいまパタヤーで暮らせているのは

これらのお客様たちのお蔭である

これには本当に心から感謝である!

ありがとうございます!

 

 

どこまでいってもバカな、ひでけんを精神的に励まし支えてくださったのもお客様たちであった。

 

一方で、パタヤーの魅力に取り付かれてしまった人々

パタヤー暮らしを夢見てしまった人々

のことを思うと、心は複雑である

 

 

いい年をした若者が

(ここでは30代、40代の日本人男性を指す)

 

昼間から酒を呑み、街をふらついて

身体を持て余しているのは

見ていてあんまり気持ちの良いものではない

 

 

 

「ひできさん、アンタ何様? 他人のことに口出ししないで!」

 

 

と怒られそうだが、あえて言わせてもらう

あんたの人生は、神様からもらったものだよ

男が好きでも、セックスが好きでも、ビーチが好きでも

なんでもいいけど・・・

 

生きてる時間を無駄にするなよ

パタヤーに住むのも結構

遊びまわるのも結構

男の子とやりまくるのも結構

 

でも、いつまでも逃げてるんじゃないよ

いい加減、自分と向き合えよ

 

それとひとりぼっちが嫌なら

自分以外の人間、たったひとりでいいから

その人を幸せにするために

何かやれよ!

 

やること見つからなかったら

それは帰れってことだよ!

 

人間、1か月もバカンスしてたら

飽きるもんだよ

 

パタヤーなんて、海だけで

ほかには何もない観光地だよ

 

そろそろ目覚めよ!(ある宗教団体のちらしではありません)

 

世の中には、素敵なことがいっぱいあるんだよ

パタヤーでだらだらしてるより

もっと素敵なことって

あるんじゃないかな?

パタヤーであくびばっかしててはダメだよ

 

それに・・・

世の中にはアンタの助けを求めてる人がいっぱいいるかもしれないんだよ

そういう人たちを助けに行く気はない?

そういう人たちの役に立ってはどう?

 

アンタは本当にここでいつまでも腐っていたいの?

 

アンタが素敵になりたいなら

そういった人間になればいいじゃん?

この辺で、自己憐憫に浸るのは辞めにしない?

 

そろそろ立ち直れよ!

 

アンタがちゃんと生きようとしてるんだったら

目を見ればわかるよ

 

そもそもアンタは価値ある人間じゃないの?

だったら、ぐずぐずするな

 

アンタに一秒だって無駄な時間はないんだよ!

早く行動しろ!

 

ここは旅行で来るから楽しいんだよ。

パタヤーなんてうんこの街だよ。

暮らすとこじゃない!

 

 

実際住んでいてこの街は、そんなに居心地が良いわけではない

海は良いが、空気は排ガスで淀んでいる

新しい車も走っているが、大半はポンコツのピックアップトラックが黒煙を上げて走っている

バイク(地元ではモーターサイという)はガンガン音を立てて

車と車の間をすり抜けていく

日曜でもないのに、家の周りでは、早朝から深夜まで

下手くそなカラオケバーがドンカンドンカン爆音を響かせている

まるでキチガイみたいな世界さ

こんなところで生き抜くなんて

よっぽどでないと無理、無理

 

もし、アンタがそれなりの覚悟して生きてるっていうなら

それを見せて欲しい、と

そう思ったよ

 

最後にもう一言

 

おいそこの沈没君!

いつまでも寝てるんじゃない!

目覚めよ!

(しつこいようだけど、宗教団体のちらしではありません)

 

もしお前が ”沈没組” って呼ばれたくないなら

起き上がれ!

 

 

以上はまったくもって

自分自身への言葉でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 9 =