タイとタイ人に関する美しい誤解

他人様の庭先を借りて商売している人間として

タイとタイ人の悪口を叩くべきではない

ことは重々承知している

 

ただ、在タイが長くなるとタイ人というものに抱いていた感覚が実は誤解だということがわかり(つまりタイ人の化けの皮が剝がれ)それが幻想だということがわかってきたである

旅行者の場合はそのような幻想をもっていても良いが

彼らと共同体の一員として長く付き合うとなると

彼らのことを買いかぶるのではなく、冷静に把握しておいたほうが、トラブルに巻き込まれないし

心のわだかまりもなくつきあえるのではないかと思ってこれを書かせていただいた

付け加えればこれは決してタイ人批判ではなく、冷静になれという自分への戒めであり、日本から勝手に来てしまったゲイを、ここまで受け入れてくれているこの国の懐の深さにはいつも感謝しているということに違いはない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1つの事柄を表現するのに、常に二通りの言い方があることを

みなさんはご存知だと思う

例えば、あの人は熱心だ、というのはポジティブな言い方であるが

裏を返せば、あの人はしつこい、粘着質だ、という言い方もできる

 

住み始めてから10年間はタイ人に対しては私たちも温かい目で見守ってきたが

15年も経つといよいよ許せないと思うときがあるのでこの15年間のうっ憤や怒りをここで小さく爆発させ

その本音を書かせていただきたいと思ったのである。

 

~~~タイとタイ人に関する美しい誤解~~~

「一般的な見方」⇒ 【事実】のように書きますね。

 

「タイはゲイに寛容な国」

⇒ 【とんでもない!!表面的にはそう見えるかもしれないが、LGBTに関する法律は事実、何一つ整備されていないし、結婚もできない、それでどうして寛容な国と言えるのだ?ただし、皮膚感覚では差別がないように思えるときもある、これは救いだ。】

 

「タイは物価が安い」

⇒ 【かつてはそうだったが、いまはまるで逆だ。ハイパーインフレ過ぎて、すべてのものが高く感じる。安いと言えるのは野菜、果物、交通費にマッサージくらい、おまけに工業製品はすべて質が悪くて、サービス精神などかけらもなく、日本とはすべて対極にある、と感じる】

 

「タイは気候が良い、暖かい」

⇒ 【暖かいのを通り越して、毎日暑い、とろけそう、暑すぎる!!たまには北極で暮らしたい!!】

 

「タイ人はいつも笑顔でいる」

⇒【ただヘラヘラしているだけ、何も考えていない、深刻に考えていないだけ。たまには悩めという感じ】

 

「タイ人は優しい」

⇒ 【何をもって優しいというのだ?全然優しくなんかない、ただ時間がたっぷりあるだけ、考えが浅いだけ、考えが鈍いだけ、急いで反応できないだけ。野良犬にエサをやるのが本当の優しさか?本当に動物を助けたいなら保護しろ。本当に優しいのならもっと地球を大事にしろ!水や資源、環境を大事にしろ、騒音を出すな!ゴミを出すな!タイ人はものすごい勢いで地球をぶっ壊している!これで優しいと言えるのか?】

 

 

「タイ人は思いやりがある」

⇒ 【カネが介在するとすごく親切になり、カネが切れると即座に他人扱いされる、世界でこれほどまでにカネと連動している民族を見たことがない。車を運転すれば我先と割り込み、強引に突っ込む、これで思いやりがあると言えるのか?】

 

 

「タイ人は素朴だ」

⇒ 【素朴なのではなく、末端までカネが回らないような仕組みになっているからいつまでも貧しいだけ。庶民に簡素にせざるを得ない。これは政府の責任。本当に素朴な民族があれだけ見栄っ張りなのも信じられない。売れないゴーゴーボーイでさえI-Phoneを持っているのは何故?】

 

 

「タイ人は可愛い」

⇒ 【ただ幼く見えるだけ、20代後半になるととたんに売れなくなる、30過ぎるとほぼ全員老けて見える、40過ぎるとなりふり構わず、50過ぎると立派な年寄り、それ以降はよぼよぼで歩いていない】

 

「タイ人は思いやりがある」

⇒ 【思いやりのある国民がどうしてあのような無謀な運転をするのだ?思いやりのある政府がどうしてここまで国民を貧しくさせるのだ?思いやりのあるタイ人がどうしてそこまでカネをせびる?思いやりのある両親が居ながら、どうしてここまで子どもたちがここまでほったらかしにされている?診療費を払えない患者を病院からポイ捨てる病院があるのはどうして?】

 

「親日国タイには日本企業がたくさん進出している」

⇒ 【もはや国内の生産拠点では利益を上げられないから労働力安価の東南アジアを選んだだけ。日本企業はタイの豊かさより企業の利益を考えている。タイに来たのは、東南アジアで古くから進出実績があるという理由だけ、最近はタイ人賃金も高騰しているのでついに隣国へシフトしているのが現状】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とまあ、これ以上タイとタイ人の悪口を広めようものなら、タイ好きの皆様から「そんなにタイが嫌なら、日本に帰ったら良いのでは?」と言われてしまいそうなのでここで辞めておきます。

あえて弁解しますと【これだけ悪いことがあっても、なおタイに住み続けているというのは、タイがそれなりに暮らしやすい場所だから(特に精神的に)】ということであり

この混沌に満ちたタイが

【日本でいたたまれない思い+肩身の狭い思いをしていたゲイの私とケンジを受け入れてくれたことは極めて重要な事実なので】

そのことには感謝したいと思います。

このなんでもありの、とんでもタイランドに住んでいると

ありがたいことは当たり前と受け取るようになり

ありがたくないことには平気で文句を言うようになるのであります

本当に悲しいことですね。

反省しなければなりませんね。

 

もう一度、われわれ在住者は、なぜここにいるのか、どうしたいのか

と明確にして生きてゆくべきだと

痛感しております。

最後の最後に、穏やかなる癒しの大地、タイランドに感謝しつつ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 11 =