本当のリア充はひっそり暮らしている?

リア充という言葉そのものに胡散臭さを感じる私だが、いわゆるリア充という人々はどのように暮らしているのだろうか?

 

きょうはブログなどで見られるリア充の本当の姿に迫ってみたい。というかリア充を偽装している人ってどんな人?

などについて考えてみたい、と思う。

 

 

そもそもリア充というのは、ウィキペディアによれば、リアル(現実)の生活が充実している人間を指す2ちゃんねる発祥のインターネット造語だそうだ。

 

リア充というのは、現実生活がうまく行っている人(うまく行っている? 何を基準にそんなことを言っているのか、怪しいが)のことを指すらしいが

ネットやブログで書かれている事柄が、真実なのか、あるいは偽物なのか、

というのは外部からは非常に見分けにくいものである。特にブログの作者が海外に住んでいる場合は・・・

書かれていることが事実かどうかなど、調べようがないのである。(取り敢えず、信じるしかないのである)

 

というのは、昨今のネット世界では、それらしき写真はどこからでも拾ってこられるし、風景も食事もはたまた仲間たちも、それらしきものを簡単に偽装できるからである。フォトショップなら写真の加工もできるそうだから。

 

テレビドラマのセットではないが、あなたのリア充を演出するため、サポートしてくれる業者までいるそうだ。当然、金は取られるらしいが。

 

ところが、ブログなどで、正真正銘の本名や身分を明かしている人はどれくらいいるだろう?

(ブログを商売に利用している人は除く)

そんな人いるわけない!(この時代誰だってペンネームやニックネームを使うのだ)

 

 

ただ、私(ひでき)が在タイ15年間で観察してきた限り、次のようなことに相関関係があることがわかっている。(かなり長いので、お時間のある人だけお読みください)

 

◆◆◆本物のリア充はどう暮らしている?◆◆◆

◆本物のリア充はブログなど書かない、そもそも書く必要がない

◆本物のリア充は私生活・日常生活を公表したがらない(ひっそり暮らすことを望んでいる)

⇒なぜならそれで十分幸せだから

◆ブログを書いていても顔出ししない、写真をアップしない、出かけた観光地、良く行くレストランや高級な料理、自己所有物などを必要以上にアップしない

⇒芸能人とちがい顔出しして儲けようとは思っていないし、その必要もない

⇒自分の地位、身分、収入などを臭わせるようなことを書きたくないし、その必要もない(そもそも自分は小さき者だと思っている、そういう人に限って実の大物が多い)

結論として、本当のリア充は私生活を第三者にお知らせするつもりなどさらさらなく、その必要もない。むしろ、そういう行為を軽率または危険、愚か、価値なしと感じている。

本当のリア充は、世間の厳しさをわかっているし、生半可な人生を送ってきてはいないので、自分自身に厳しさと強さをもっている。いざとなったら実践で戦える強さも持ち合わせている。

さらに本当のリア充は、ブログで食べているわけでもないし、お金や人生に不満もない。健康であり、人間関係にも不満はない。ただ生きているだけで幸せだし、今生きていることそのものが幸せ、なのだ。

そういう人の周りには、自然と人が集まってくるし(カネで集まってくるタイの輩とはちがう)いつも明るい話題が渦巻いている。

現実生活が充実している、というのは、外見からは見分けがつきにくいものだが、いつ見ても楽しそうに振る舞っている人、ブログを書いていても、いつも楽しい記事や嫌味のない文章を書いている人は、きっとリア充なのだろう、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − five =