タイ旅行でがっかりしないための秘訣

最近、旅行するには、がっかりが多いタイランドです。

(空気は悪いし=特にバンコク、為替レートは悪いし、物価は高いし、サービス悪いし、タイ人はいい加減だし)

 

そんななか・・・

 

きょうはみなさんにタイ旅行でがっかりしない方法、というより、楽しむ秘訣をお教えしましょう!

 

タイを楽しむための秘訣もしくは心得といったほうがいいでしょうかね。

 

このアドバイスは初めての方向け、というよりは、リピーター向けかもしれません。

 

タイの良さを知っていながらも、最近疲れ気味の旅行者、あなたへ捧げます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【心得その1】同じものを期待しないこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイという国は、どこかの国(日本)の定番である「変わらぬ味とサービスをいつまでも」というスタイルがとっても苦手な国です。

要するにサービスにバラツキがある、整合性がない、一貫性がない、というのが特徴であり、同じものを求めていると、日本人としては、とてもがっかりすることが多いです。

 

タイにおけるサービスというのは、彼ら(タイ人)の都合で、どんどん変えられてゆくものです。

物価もそうです、為替もそうです。私たちは、そういう現実を痛いほど経験させられてきました。

 

 

あのとき、笑顔を振りまいてくれた屋台のおじちゃん、マッサージ屋のおばちゃんは、次に来た時には間違いなく居なくなっている! 

と思ったほうが良いでしょう。

 

 

すべてのものは変わりゆくのです。そのことを重々承知で船出すべきということです。

 

それでも相変わらずタイには良いものがまだたくさん残っているのです。事実そうなのですから。

 

 

タイに旅行するということは、何かにこだわりながらも、どこまでこだわりを捨てられるか、ということなのかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【心得その2】以前のような物価を期待しないこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在タイはハイパーインフレを経験しています。

特に中国あたりから来ている投資のお金が行き場を失い、マンション建設やホテル建設のために使われております。

かつての日本のバブル、カネ余りと同じです。

一方では日本の景気後退、国際行動力の減退などが顕著で、それも影響していると思われます。

せっかく持参した日本円もタイバーツに替えると、そのレートの悪さから、タイバーツがおもちゃのお札のように軽く感じられるでしょう。

 

かつては20バーツで腹いっぱい食べられた屋台も、いまでは100バーツくらい出さないとまともな食事ができません。

 

この10年間で物価は3倍、4倍になったと言えます。

 

そんな感じですから、たとえ道路がボコボコして、どぶ臭くても、物価が安いなどとは思わないことです。

 

いまここはハイパーインフレという異常事態が起きているのだ、と思って歩くことです。

 

経済学ではデフレの最大の原因はインフレである、ということになっています。

世界のどこの国においても、ひどいデフレに見舞われている国も、かつてはインフレを経験しているのです。

従って、タイもいまは好調に見えますが、あっという間に、デフレになることは目に見えています。

 

パタヤでもすでに客足が伸びず、ホテルやレストランが縮小や撤退を始めています。

 

永遠に燃え盛る ”炎のような経済” は存在しないんです。歴史上もありませんでした。

 

ずっと燃え続けるように見えていたものは、あっという間に燃料切れして、空前のともしび同然になることは自然の理です。

 

かつての日本がそうでした。

 

1980年代、右肩上がりの成長に酔いしれていたとき、それをバブルだとは誰も気づきませんでした。

バブルは潰れて、初めて「あの時はバブルだったんだ」とわかるのです。

いまのタイも同じです。

すべてが終わったときに、あれはバブルだと認識するのです。そのときまで待てとはいいません。

 

いまタイは空前のバブルなのだ。だが、それは一過性のものであり、しばらくは続くだろうが、やがて落ち着くだろう、と思うべきです。それが事実なのですから。

 

しかし・・・

いろいろなものが高くなったと言っても、周りを見渡すとまだまだ安いと思えるものがあります。

例えば、マッサージや交通費、夜のボーイ君たちへのチップ、などまだまだ安いというか許せるな、という範囲にあります。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【心得その3】視点を変えて、変わらぬタイの良さを見つけようとすること

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちがパタヤーに来て15年の歳月が経ちましたが、それでも相変わらずいいな、と思えるものがあります。

それを★印で記してみました。

 

★ビーチに吹く心地よい風

★そんなに高くないタイ料理やとても安い南国のフルーツ

★人は変わっても相変わらずの笑顔

★急がない人々、急げない人々、焦らない人々

★何回受けても何時間受けてもそんなに高いとは思えないマッサージ代

★相手を選ぶことなくわずかなお金で一緒に居てくれるボーイ君たち

★いつでも泳げる気温、さわやかな風、湿気のない気候

★ゲイであろうが、レズビアンであろうが、ニューハーフであろうが何でもいいよ、と受け入れてくれるいい加減な環境と国民性

 

こういったものは、日本やほかの国ではなかなか手に入れることのできないものだと思います。いや、絶対に手に入れることはできなものだと思います。

 

どれだけ高いお金を出しても、カネで買えるものではないことは確かです。

 

そこにタイの価値があるのだと思います。

 

一方で、タイに長く住めば住むほど、タイの内面と真実がわかり、ものすごく汚く嫌な面も分かってしまうのですが、それはどこの国に住んでも同じです。

 

とりわけ、タイだけが悪いわけではありません。地球上には人権のない国(中国)や日々の食糧もままならない国々(北朝鮮、アフリカ)など、信じられない国がいっぱいあるのですから。

 

タイなど幸福度では日本より上だという国連の統計もあります。

 

政治も法律もこの国にはがっかりさせられることが多いですが・・・

それでもこの国には、ほかの国にはない

いい加減さ、ゆるさ、のんびりした表情、暖かい気候、あらゆる種類の南国性のもの

が存在しています。

 

良いか悪いかはみなさんの判断にお任せしましょう。

結局のところ、タイだって万能ということはなく、あるものも、ないものも、あるのです。これは日本だって同じでしょ。

 

ある意味、政治も警察も法律も秩序も何も機能していない国です。庶民の日々の暮らしはいまだにどん底です。(そう見えないけど)

要するに、表面発展しているように見えて、内情はひどい国なんです!!

 

でも、旅行で来るぶんには、旅先で見た犬の糞は忘れてしまえば良いことです。

 

【見方を変えるだけで、旅はずいぶん楽しいものとなる】はずです。

 

本当にいろいろな面で、おカネは取るがサービスは二の次、ということが多いかもしれませんが

 

タイ人だって、教わった分だけは、一生懸命やっているんです。インプットされてない分はわからないだけなんです。

 

オバカだけど、オバカなりに頑張っているんです。

 

そういう彼らを温かい目で見守ってあげたいものです。

 

そのようにしてこちらも微笑んでくれれば、彼らだって人間

きっとあなたに微笑みを返してくれるでしょう。

 

次のあなたの旅行を、それなりに輝くものにするためには

 

まず、期待というものをカバンから放り出し

期待外れ、というものをカバンに積み込みましょう。

 

そしてタイの女神に祈るのです。

良い出会いがありますように、と。

 

そうすればパタヤーの神様は絶対にあなたに微笑んでくれます。なぜならそういうできた人をパタヤーの神は歓迎するからです。

 

幸運を祈ります。

各種お問い合わせはこちらから

 

 

 

このホテルなら彼(彼女)を落とせるかも・・・ロマンチック・パタヤ・その1

パタヤーを海辺の歓楽街と思っている人は以下は読まないでください


suite
(この部屋に心を揺さぶられないなら彼・彼女は諦めたほうがいい、スイートルーム)

ここはまさに彼(彼女)を落とすためのホテルだ
といってもホテルに連れてくる前に落とさねばならないかもしれない

zenkei

(このホテルはパタヤーの海岸通りの高級住宅地、プラタムナック通りにある)

彼のハートをわしづかみにし、自らもシンデレラ気分になれるホテルがあるとしたら、その価値をあなたはどう考えるだろうか?

zenkei2

(建物の全体像は外からはわからない、たいていの人はここがホテルとは知らずに通り過ぎてゆく)

現代は心の満足の時代と言われる

大量生産よりも手作りが

急ぎ足よりものんびりが

都会暮らしよりも田舎暮らしが

ちょっと高くても心が豊かになるサービスが好まれる

そんな時代である

プライベートガーデン

(スイートルーム併設のプライベートガーデン、海が見える、バーベキューもできる)

私自身は ”落とす” という言葉はあり得ないと思っている
相手が勝手に ”落ちる” のである

あなたの心づくしのチョイスに感動し
相手は心を開き、最終的には股(また)も開くことになる

ちょっといやらしい表現だが恋人になるプロセスだろう

以下、このホテルの写真と解説をお楽しみください

view1

(窓から見える夕陽、俗世間から隔てられたサンセット)


window2
(窓からは海だけでなく庭の緑もすばらしい)

suite
(メインダイニング、50年前のものだ)

kyouyuu

(共有スペース、ここで合宿すると面白いかも?)

stairs

(客室へ通じる階段)

suite3

(スイートにはベッドが3つある)

suite2

(スイート専用のリビング)

terrace

(スイートからビーチへは直行できる階段がある)

superior2
(スペリアルの雰囲気もとても洗練されている、窓からの海と緑がまぶしい)

superior1

(スペリアルの入口から、思わず外の景色に見とれ勝手に入ってしまった私)

meetingroom

(セミナーもできる会議室)

interior

(メインダイニングにあるカップボード、ヨーロッパを感じさせる)

view2

(すべての窓からこの景色が見える、贅沢過ぎる)


パタヤーをただの歓楽街だと思っている人はここに泊まらないほうがいい。あなたがいかにパタヤーを誤解しているかが判ってしまうから。

さらに詳しい情報はこちらをクリックしてください

ご予約お問合せはこちら