心より安らかに生きるにはニュースを見ないこと?

ほんの20年前までは新聞、テレビ、ラジオが主たる情報源だったが

いまはネットを開けば、世界の出来事が瞬時でわかるようになった

 

しかし、世界の出来事がわかるようになった、というのは一種のまやかしで

わかったようなつもりになっているだけである

 

 

ニュースとは第三者がいわゆる事件(かどうかもわからない)というものを伝播者の視点で、これまた伝搬者の都合で、勝手に流している情報のことである

実は伝える側も伝えられる側も本当のことはわかっていないのである

 

われわれはマスコミが事件の断片を切り取って勝手に加工した部分(大げさな表現、捻じ曲げた表現も)をそのまま受け取っているだけに過ぎない

 

もしかしたら、はなっからねつ造された彼らの伝えることを鵜呑みにして、いまどこどこで大変なことが起きた、と騒いでいるだけなのかもしれない

 

 

最近のタイで、日本のニュースを聞いたが、最も多く耳にしたのは、日産のカルロス・ゴーン社長逮捕のことだ

 

ゴーン氏の容疑は有価証券の虚偽報告ということだが

これにはさまざまな説(疑惑、陰謀論)があり、それらが飛び交い、どれも収集がつかないくらい混乱している

 

思えば、彼が日産にやって来たとき、日産は思い切ったことをしたもんだ、と思った

その時、日産は潰れそうだったから

日産を立て直し、復活させてくれたのがゴーン氏ではないのか?

 

彼のやり方があまりにも非情で冷酷だったと

批判する人もいるそうだが

思い切った改革とは革命レベルだということを知らないのか

 

どこから見ても非の打ち所がない改革者など存在しないのだ

ゴーン氏だって人間だ

物事はどこかを立てればどこかが崩れる

そんなもんだ

 

日本に生まれ何不自由なく育ってきた人間と貧乏移民のなかから這い上がってきて、他国で苦労の末、成功をつかんだ人間とでは鍛え方が違う

 

日産は再生の要として剛腕のゴーン氏を選んだのだ

彼は日産の前にルノーを再建し、すでに再建王とかコストキラーとか呼ばれていた

 

もしかしたら、このゴーン氏、有価証券報告書が問題なのではなくて

会社間、国家間の利益争い、主導権争い、勢力争いに巻き込まれてしまったのではないだろうか?

 

ここまで世の中がネットであらゆることを広げ、暴露するようになってしまったのだから

われわれの国や、企業や、政治家が

100パーセントまじめに、国民のことを考え、消費者や有権者のことを考えて行動していないことなど

誰だって知っている

 

そこには我々が想像さえできない

裏社会の駆け引きや勢力争い

隠蔽や弾圧などがあったに違いない

 

私自身はゴーン氏を尊敬もしないが軽蔑もしない

レバノン移民の親を持ち、ブラジルで生まれ、フランス最高の技術学校で博士号を取り、ミシュランに15年つとめ、ルノーを再建し、日産も再建した

そんなこと、普通の人だったらできないだろう

相当優秀な人なのだと思う

 

そんな彼が、欲に目が眩んで晩節を汚したというのか?

それとも陰謀に巻き込まれたのか?

そんなこと誰もわからないのである。

 

何らかの意図で、そうなってしまったとしても

誰も調べようがないのである

よほど側近の者でもない限り、事実を調査できたりもしない

 

電通に代表されるように、マスコミとは視聴者という盲目の信者を増やすために、事実を捻じ曲げることが得意であった

最近では、やらせはもちろん、視聴率を上げるために事件をさらに深刻に、悲惨に、残虐に、見せかけている

マスコミの常套手段であり、得意技だ

 

われわれはマスコミが音声や画像を通して、押し付けてくることをかなり注意して聞く必要があると思う

 

そもそもマスコミの役割ってなんだっけ?

事件や事実を正しく伝えること?

人々を正しい方向に導き、啓蒙すること?

とんでもない!

いまはわれわれ視聴者を食い物にし、不安にさせ、混乱させ、不要なモノを買わせる洗脳部隊に成り下がっている

 

最近の我々はそういうマスコミ餌の食にされっぱなしである。

 

 

私の住んでいるタイでも状況は同じだ

タイ人はブームに乗っかるのが大好き

タイ人は純粋で素直だから、企業の広告やCMにすんなり乗せられてしまい

どんどんモノを買ってしまう

 

一見ほほえましく見えるその光景だが

たやすくローンで車を買って、バイクに乗るようになってから、道は常に渋滞している

一方のタイ人たちはローンが払えなくなり、日夜友達やファランから借金をしまくっている

ちなみにタイ人の貯蓄率はほとんどゼロに等しい(貯金という概念がないらしい)

 

毎年訪タイしている人は、年々パタヤーの渋滞がひどくなっていることにお気づきだろう

 

そもそも彼らのお金は自分たちが稼いで得ているのではなく、外資から来ているというのに

この10年くらい、ずっとモノが豊富なので

タイ王国は豊かになったと信じているのだ

(それはそれで事実なのだが、実は政治も行政も医療も交通もめちゃくちゃなのだ・・・)

 

しかしここで、日本人タイ人という国民性の違いが問題なのではない・・・

 

本当は、日本人もタイ人も

マスコミの言っていることよりも

自分自身のことを気にするべきだ、と言いたいのだ!

 

人間なんだから、何が大事で、何が大事でないかぐらい

わかっているはずだ

 

 

本当に大事なのは・・・

自分は世間からどう見られているかではなく

これまで、どういうつもりで生きてきたか

いまは、どういうつもりで生きているか

これからは、どういうつもりで生きるのか

なのだと思う

 

自分の軸足がぶれてない人は強い

マスコミ報道に一喜一憂しないで済むからだ

(自分さえしっかりしていれば、不要な購入をしなくて済むのに)

 

 

もういい加減、日本人もタイ人もマスコミに振り回されるのは

やめにしたほうがいい

自分も含めてだ

自分を守るためにはマスコミと縁を切るほかない

そう結論してしまいそうだ

 

 

ゴーン氏のニュースは興味深かったが

我々は、自分が幸せかどうかのほうがもっと大事だろう

 

きょうどうしよう、明日どうしよう、のほうが大事だろう

月末にローンを返せるかどうかのほうが大事だろう

 

この辺で、マスコミが流すゴミのようなニュースとは縁を切り

しばし、南国の浜辺で読書でもしたらどうだろう

 

私自身もしばらくニュースサイトをいじるのはやめにしたい

と誓った

ミクシー、つながり求めて泣き叫ぶ声

久しぶりにミクシーの日記というものを見たが


日本人の孤独はここまで来ているのか、という感じで恐ろしくなった



ミクシーは


孤独という海に溺れかけた人々の


泣き叫ぶ声の集まりだ




誰とも言葉を交わさず


触れ合わなくなった人々の


最後のもがきが聞こえる



それは声を出すことを許されない孤独な病人たちの最後のノートなのだ


電気的な言葉の掛け合いに生身の接触は全く感じられない


非常に薄っぺらな会話のやり取り


よくこれで我慢できるな、とオレは思う



見た目の写真や文章はとてもきれいで


あたかもそこに体温や血流があるように見えるが


そこは色と文字だけの世界で


現実には何もない

誰もお前のことを思ったりはしてない

どうしてこんなひどい時代をわれわれは作ってしまったのだろうか?

これがわが国が目指してきた結果か?


こんな風になるためにわが国は頑張ってきたのか?




この底なしの孤独を誰が解消してくれるわけ?


日本ご自慢のテクノロジーか?


(少なくともハイテクのロボットがその代わりをするとは思えない)



そうそう思い出したことがあったんだ


会社を辞めよう、この国を出よう、と思ったその日のことを


もう7年も前のことになるが・・・



俺は会社(といっても学校だったが)の同僚のイギリス人が


生まれたばかりの赤ん坊を職場に連れてきていた


俺と数人のスタッフはその赤ん坊に見入っていたが


当時、出世を目論んでいた女のスタッフは、(当時おそらく独身で子どももおらず結婚も諦めていたのだろう)


赤ん坊をあやすことに夢中になっていた俺たちを睨みつけ、



”あんたたち、なんて無駄な時間を過ごしてるの・・・さっさと仕事に戻りなさいよ”


という態度で前を通り過ぎていった


命溢れる赤ん坊を見ても何も感じないとは


もう彼女はすでに人間ではなかったのだ


自然の生き物とは異なり


乾燥した錠剤を飲んで生きているような化け物だったのだ



ああいう人間がすでに10年も20年も前から存在していたんだ


仕事人間、キャリアウーマンと言えばかっこいい


が、要するに ガソリン飲んで動いている機械と同じだ



一時期もてはやされるが

時代の要請が終わればポイと捨てられる



マシンのような人生を


ずっと正しいと信じて生きている



そんな人間を作ってきたわけだよ、この国は


そんな人間の帰宅後の楽しみといえば


パソコンつけて、ミクシー



囚人みたいな生活だな、とオレは思う



人間らしさのかけらもなくなった文字打ち機で


こんなことを書いては発表している



みんなに見てもらいたくて


●ボクはきょう○○を食べました


●アタシはきょう○○に行ってきました


ちょうど幼稚園児が母親にきょうの出来事を話しているような感じに見える

画面の向こう側の得体の知れない誰かに話しかけなければいけないほどの激しい孤独があるくせに

内面の自分をだましてなお我慢を続ける日本人たち

耐え切れない孤独を内面の自分は知っていても、もう涙すら出なくなってしまった日本人たち

これじゃおかしくならないわけがないよ

あるときマザーテレサは言ったそうだ

「微笑まない、触れ合わない、それこそ貧困です」



いま日本は、アジアで最も清潔なサイコの国


アジアで最も時間と人情の貧しい国になってしまったように思う


すごいね


これが経済を発展させた原動力なんだとさ


こんな国で1つだけ確かなことは



明日も間違いなく孤独でいられることだよ


すごいね


人間ガラパゴスならではの特典だね!