いま日本を救えるのは韓国車だけか!?

冗談のような本当の話である。

もう10年以上前のことになるが、フィリピン人の友人数名とフィリピンのネグロス島を旅行した。

ネグロス島というのは日本人にはあまり知られていない島だが、フィリピンでは砂糖の生産が最も盛んな島である。近年はダイビングなどのリゾートとしても注目されている。ドゥマゲッティ市の南にあるアポ島はネグロス島本土から30分の場所にあり、珊瑚や熱帯魚が多くダイバーの憧れの島と注目されている。

われわれ一行は、このネグロス島に友人の家族が住んでいたので、観光がてら会いに行ったのである。

ネグロス島というのは非常にユニークな島であり、政治的にも文化的にも二つに分かれている。

東側は中部ビサヤ地方に所属するネグロス・オリエンタル州で、西側は西ビサヤ地方に所属するネグロス・オクシデンタル州に分かれている。

われわれは、ネグロス島の主要空港であるバコロド空港で、運転手付きの車をチャーターし、この島のオリエンタル(東部)州へ向かった。

そのときチャーターした車がKIA(キア)であった。

KIAを知らない人も多いだろうから、少し説明しておくと、起亜自動車(きあじどうしゃ)は、実は、大韓民国第2位の自動車メーカーである。

2016年の売上げ台数は330万台で、世界第8位である。かつてはマツダ、フォード・モーターと密接な関係だったが、1998年の経営破綻を境に現代自動車の傘下に入って以来、現代と密接な関係となり、「現代-起亜自動車グループ(現・現代自動車グループ)」の一部になっている。要するに吸収されたのだ。

しかしながら、そんなことはどうでもよい。

というかKIAというブランドを知っている人さえ、日本には少ないであろう。

そもそも日本人は日常的に韓国車のことを話題にさえしないのだから。

 

もし、KIAが高性能かつ高品質かつ美しいデザインを持つ車であったら、とっくにファンが我々に代わって宣伝しているはずだから。

それがそうなっていない、というのは、それなりの理由があるのだ。(あの国が得意とする技術のパクリ、盗んだデザイン、でも、どこをどう見てもダサい、としか言いようがない)

 

アメリカ在住のお客様によれば、米国で韓国車に乗っているのは、黒人か貧困層らしい。理由は簡単、値段が安いからだ。でも、買って半年もしないうちにトラブルに見舞われるらしい。

 

話を元に戻すと・・・KIAの知名度などどうでもよい。その品質が問題なのである。

私たち一行は、このKIAに乗り込み、ネグロス島のオリエンタル州(東部)からオキシデンタル州(西部)へ向かった。

途中、峠の山道に差し掛かったとき、生まれて初めて、ある信じられない光景を目にしたのだ。

突然、上り坂の途中で、KIAのエンジンが止まったのだ。

慌てて運転手はエンジンを掛け直したが・・・

その後、運転手が目いっぱいアクセルを踏んでも、車はまったく動かなくなってしまったのだ。

ギアはちゃんと入っている!

電気系統も問題なさそうだ!

運転手は、確かにブレーキではなく、アクセルを踏んでいるのだ!

でも車は1センチも動かない。

運転手は頭にきて、さらにアクセルを踏み込んだ。

もうペダルが床にペタンとついてしまっている。

 

もう一度言うが、踏んでいるのはブレーキではない!

アクセルなのだ!

われわれは、何度も運転手の足下を見て、その事実を確かめた。

クラッチ異常なし、エンジン異常なし、トランズミッション異常なし、ガソリン満タン、

これでどうして動かない?

 

運転手はとうとう車を降りて、車を叩いたり、ゆすったり、最後は蹴飛ばしたりしたが、KIAはうんともすんとも言わなかった。

猛暑のなか、その場で30分くらい、茫然としていたが、何も、まったく、起きなかった。車は爆発さえ、しなかった。

 

このような場合、あいにくフィリピンにはJAFのような救援システムはなく、フィリピンの山奥ではあきらめるしかない、のであった。

 

そこは対向車さえ来ない場所であった。

たった1台、フィリピン共産ゲリラ(NPA)の車が、遠くから走ってくるのが見えたが、それ以外には何もなく、それほど寂しい場所であった。

当時、NPAに関わるとろくなことはない、地元の人から聞いていたので、一瞬助けてもらえることを期待したが、その車がそばにくると、笑顔で手を振って

「何でもないよ、ちょっとエンジンがオーバーヒートしちゃったんだ」

というそぶりでやり過ごした。

 

日本という国で育つと、アクセルを踏んでも動かない車があることさえ知らずに育つので、私(ひでき)は、そのとき初めて

【そういう種類の車が、この地球に存在する】

ということを知って、愕然とした。

(同時に、このオンボロ韓国車、なんてすばらしいんだ!オレに、日本という国が持つ技術のすばらしさ、日本人のモノづくりの精神に気づかせてくれたのだ!と思った)

驚いたことに、このような事態に直面しても、フィリピン人たちは、笑顔を絶やさず、ヘラヘラ笑っていた。深刻になる様子もなかった。

おそらくタイでも同じであろう。タイでもそのような事態はたびたび起きているのであろう、と想像できる。

結局、我々は(4人で旅行していたが)、1時間ほど待って、そばを通りかかった大型バイク(250CCぐらい)に乗って来たイケメン青年を捕まえ、彼を強制的にバイクから引きずり降ろし、こうお願いした。

「助けてくれないか! 

お金はいくらでも出すから、サンカルロスシティ(友人の親が住んでいた)まで連れて行ってほしんだ。

頼むよ!」

イケメンライダーは、しぶしぶ承知し、われわれ4人を後ろに乗せ、よろよろと発進した。

なんと総勢5名が、このか細いバイクにまたがり、何度も転びそうになりながらも、なんとか山を下りて、やっとサンカルロスシティまでたどり着いたのだ。

(それはいたいけない少女を、大のおとな、4人が寄ってたかって犯しているみたいな可哀想な光景だった、バイクゴメンね)

 

そのとき、数時間も同じ姿勢だったので、私(ひでき)のケツは死ぬほど痛くなったけど、良いこともあった。

私はイケメンライダーのすぐ後ろだったので、彼につかまるフリをして、長時間抱きつけたのが、唯一の幸運であった。

ところが、オレの後ろには、うざったいオカマのフィリピン人3人(ジョージョ、リト、メンドーザ)が連なり、ふざけて私に抱きついてきて、キャーキャーわめいていたので、彼らの汗臭い体と金切り声がせっかくの幸運を徐々に不快な体験に変えていったのだ。

それでもフィリピン人というは、タイ人同様明るく、困難にもめげない国民で、キャーキャー言いながらも、山道下りを楽しんでいた。

こんなトラブルに遭遇しても、へらへら笑っていられるメンタリティは、大したものだ。

タイ人もそうだが、フィリピン人もこのような動じない精神を持ち合わせているのだな、と感心した。

 

本日の結論である。

フィリピンで、韓国車というものが、どのくらいのレベルにあるか、というのを痛感した私(ひでき)であったが・・・

逆にそれ(韓国車の驚嘆すべき点)をメリットとして活用できないだろうか、と考えるのである

最近の日本では、高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違えたり、焦ってアクセルを踏み込んで、建物に激突したり、大勢の死傷者を出したり、大問題となっているらしい!!

これは非常に憂慮すべきことであり、悲しむべきことである!!

 

そこで、この解決策として、日本に韓国車を多数、導入するはどうだろう?

特に反射神経が鈍っている高齢者に乗ってもらうのだ!!

アクセルを踏んでも、絶対に動かない車!

踏み間違えても、絶対に前に進まない車!

これこそ我々が求めている車ではないか!!!

それが韓国車の醍醐味というものだ!

 

アクセルを思いっきり踏み込んでも、うんともすんともブーとも言わない車

そういう車なら、高齢者が間違えて、ぐーんとアクセルを踏んでも

1センチだって前へ進まないのだから

事故なんか起きようがないのだ!

そもそも起きる事故はゼロだ!

しかも、ガソリンも減らない!

 

世の中に

これほど環境に優しい車があるだろうか!

こんな思いやりのある車があるだろうか!

こんな素晴らしい車があるだろうか!

 

さらにアクセルとブレーキを

踏み間違えても、絶対に動じない(反応しない)!

とにかく作動するのは、ブレーキだけ!

こんな天才的な車を韓国が開発できていたことを、なぜ日本は知らなかったのだろう?

日本も遅れているな!

(というか、どこをどうやったら、アクセルを踏んでも動かない車が作れるのだろうか?その技術力には驚く、というか呆れてひっくり返りそうだ)

こんな車なら、歩行者も安心して、街を歩けるだろう!

高齢ドライバーも安心して踏み間違えられる!!

おまけに安全のためのブレーキ(制動装置)はいつでも作動するのだ!!

韓国車万歳!

KIA万歳!

 

私(ひでき)個人はこの15年間、日本に一時帰国しても、一度も HYUNDAI  や KIA などという怪しげな物体、を見かけたことはないが、東南アジア、特に後進国でなら、その雄姿を見つけることができる。

(そもそも知り合いの日本人で韓国車に乗ったり、触ったことがある、という話さえ聞いたことがない。日本では、韓国車の目撃情報より、UFOの目撃情報のほうが多いのではないか、と思うぐらい

韓国車の話をしても、誰ひとり振り向いてくれないくらいのだ。

それほど日本人にとってどうでもよい話なのである)

 

しかし、私は幸運にもフィリピンでその韓国車の飛び抜けた性能や安全性をまのあたりにしてしまったのである!!

 

フィリピンやラオス、タイの周辺国に行けば、KIAやHYUNDAIは、たくさん見ることができるよ!!

(残念ながら、タイ人は圧倒的に日本車が好きなので、タイで韓国車を見つけることは難しいだろう。

1日に1台でも見つけることができれば幸運だと言える。そもそも見つけようとしている人さえいないのだが。

タイ人に聞くと、韓国車に乗っている人は品質には無頓着で、とにかく動けばいい、安けりゃいい、という人が多いらしい)

ということで、韓国車は、値段も安い、事故は起こさない、人は殺さない、動かない

ということで、良いことづくめなのである!?

なんでわれわれ日本人はそのことに気が付かなかったのであろうか!!!???

 

先日、免許を取り消された高級日本人の方にも、教えてあげれば事故は防げていたかな?

 

本当にすばらしい韓国車!

まったく非の打ち所がない韓国車!

車としては使えないが、車の外見をした工芸品とか、おもちゃとしては優れている。

アタシは80歳過ぎているけどちゃんと車、運転できるのよ、というアピールをしたい後期高齢者にはもってこいの代物である。

 

もう一度言おう!

韓国車は

アクセルとブレーキを踏み間違えても

絶対に発進しないのだから、ものすごく安全!

世の中に、これ以上、優れた品質というものがあるだろうか?!

 

 

これから国土交通省に行って提言するつもりだ。

「これからはもっと日本人、特に高齢者の方は

韓国車に乗るべきだ!!と。

 

なんたって

アクセル踏んでも、車が1ミリも前へ進まないから、事故が起きないのだ!!

これからは高齢者ドライバーの操作ミスによる交通事故はゼロになるぞ!!

そんな夢のような時代が来るのである!!

 

(でも、買い物に行きたくなったらどうするの?そのときはタクシー呼ぶか、日本車に乗ればいいのよん)

 

ということで、落語のようになってしまったけど、アクセルを踏んでも前に進まないという高性能な車は、いまどき世界でも珍しく、事故防止にも役立つ、なかなかの優れものだ、と感激している私(ひでき)です。

 

韓国の自動車メーカーのみなさん感謝しています!

あなた方の作った車、愛しています!!

合掌!

 

以上、最後までバカバカしい話におつきあいくださり、ありがとうございました。

(私個人としては韓流スターの大ファンなので、たとえ福島の魚を食べてもらえなくても、慰安婦や徴用工の問題がこじれ、レーダー問題がないがしろにされ、瀬取り問題が隠蔽され、通貨スワップですり寄られ、米国と親密過ぎると嫉妬され、大統領が次々弾劾され、70年以上たった今でも、反省が足りないとか、天皇陛下が直接謝罪しろとか、北と組めば世界一だとか、すべての日本文化は韓国が教えたものだとか、イルボン(日本人)が作ったものは植民地時代を思い出させるから使用禁止だとか、精神錯乱、罵詈雑言、キムチいやキチガイ三昧をさんざん言われ続けても、お隣の国とは仲良く付き合って行きたいとは思っているのですけど)

ご質問ご相談コメントございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

<資料>ネグロス島についてはこちらを

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%B3%B6

<資料>世界のダイバーたちの憧れ、ネグロス島のダイビング情報やブログについてはこちらを

https://4travel.jp/travelogue/10462450

https://www.tripadvisor.jp/Attractions-g298463-Activities-c61-t194-Negros_Island_Visayas.html

http://www.hana-wakuwaku.info/entry/2017/06/08/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E2%98%86%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%B3%B6%E5%91%A8%E8%BE%BA%E3%81%AE%E6%97%85%EF%BC%92%E6%97%A5%E7%9B%AE%EF%BC%81%E4%B8%96

 

タイの良さは日本に住んでいる人のほうがわかっている

たくさんのお客様から、タイが大好き、パタヤーを愛している

という声をお聞きします。

 

地元の業者として、これ以上にうれしい言葉はないと思います。

本当にうれしい限りです。感謝、感謝です。

 

と同時に、私たちはパタヤーに住んでいて、実際どう思っているか、というと(あくまでも私(ひでき)の本音になりますが・・・)

 

タイなんて大嫌い、すべてがいや、もううんざり!

もっと秩序のある国へ行きたい!

こんなゴミ臭い国からは出たい!

もっと静かな国へ行きたい!

もっと美しい国へ行きたい!

もっと涼しい国へ行きたい!

と感じることが、在住15年目を過ぎた頃からたびたびです。

 

でも、どうか誤解しないでください。

私たちだって、来た当初はそんな風に考えていませんでした。

 

タイという国は、本当に温かく、おおらかで

あなたがどこの国の出身であろうが、お金持ちであろうが、貧乏であろうが、どんな宗教を信じていようが、信じていまいが、まったく関係なく

何でも受け入れてくれる国なんですね。

 

特に、パタヤーという街は、世界中から自由になりたい人が集まってきていて

老人だろうが、若者だろうが

ゲイだろうが、ノンケだろうが

女好きだろうが、男好きだろうが

少年好きだろうが、ジジイ好きだろうが

性指向をまったく問われない街なので

誰も何も気にしてないのがいいところです!

 

こんな国、こんな街に住めて超幸せ!!!

と思っていたのは、住み始めて7年目くらいまで、でしょうか。

 

やがて・・・自明の理である・・・

どこの国にも長所、短所がある、という当たり前の事実に突き当たっただけです・・・

 

つまり、これまで長所と思っていたところが、実は短所の裏側であったことに気づかされたのです

 

 

タイを生活の拠点にしてしまうと、実にいろいろなことが、日本と違うことが分かってしまったのです。

長い間ベールに隠されていたこの国の真実に、いよいよ気づいてしまった、というわけです。

天国=地獄の裏側のことでした。

 

 

でも、それって当然と言えば当然のことですよね。

だって、この地球上にユートピアはないわけですから。

(パタヤーって楽園だとずっと思っているヤツは相当鍛錬が出来ている人か、単なるバカか、と最近思うようになりました)

 

このような複雑な感情は、在住期間が長くなればなるほど感じるもので、ほかの在住者も似たような感想をもっているようです。

 

言ってみればそれは、長年連れ添った夫婦の倦怠感みたいなものか、と思ってしまいます。

 

 

結婚後15年経った夫婦のことを考えてみてください。

恋愛結婚でラブラブだった妻とも、ロマンティックを求めるよりも
きょうをどうやって生きるか、明日どうやって生きるか
ということだけで、精一杯になっている現実では

愛とか恋とか言ってられなくなるのです。

 

子どもが生まれていれば、中学生くらいになっているでしょうか。

家のローンの返済やあらゆるやり繰り、家族の生活費や子どもの学費がかかるだけではありません、

生意気盛りの子どもからはそっぽを向かれ、反抗期の攻撃に備える時期かもしれません。親は年老いていよいよ介護が必要になってきます。

 

 

これが現実というものですよね。

甘くありませんよね。

 

一方、タイから離れた場所に住んでいる日本のみなさんからすれば、タイは憧れの国であり、時間とお金さえあれば行ってみたい国のように思われている、わけです。

久しぶりに会った彼女が、美しく、きれいに、思えるのと同じで。

 

たまにしか、会えないから

年に何度も行かれないからよく思える

というのはあるかもしれません。

 

 

パタヤーに住んでいて、日本人に生まれたことを心から感謝する瞬間と、心から残念だと思う瞬間があります。

 

私たち、日本を出て16年が経ち、パタヤーに来て15年が経ちました。
(最初の1年間は世界旅行をしたので、2003年には日本を出ていました)

 

幸か不幸か、日本人として、日本に生まれ、日本の教育を受け

道徳観とか、マナーとか、他者への気遣いを叩き込まれてきた人間にとって、こちらタイでのいい加減さは、すべてにおいて

半端でなく理解不能、半端でなくしんどい 

と感じるからです。

 

一方、日本に住むお客様が、タイを恋しいと思い、パタヤーを好きだと思うのは

それが想像上のパラダイス、非日常の世界が広がっていると思えるからでしょうね。

 

旅行者とは、限られた時間の中で、思いっきり楽しまねばならない宿命をもっているのです。

だからこそ、旅行中は思いっきり楽しむことが大事なのです。無理してでも。

 

だからこそ、私たちがみなさんに提供するサービスは、どうしても、とっておきの、いいとこどり のサービスになってしまうわけです。

 

言ってみれば、出会ったばかりの彼女が、良い面ばかり見せて、決して悪い面を見せないのに似ています。

旅行者の場合は、それでいいのだと思います。

 

だって旅行者は、数日後には日本へ帰らなければならない厳然とした事実をもっているからです。

それは待ったなしの運命です。

 

ずっとパタヤーに居たい~~~~~

と思い

いっそ帰りの航空券を破って、ずっとタイに居続けることもできますが

やがてどんなことが起きるでしょう・・・

 

仕事先や顧客、友人や家族に心配や迷惑がかかります。

何より、お金がなくなります。

 

やがて、警察や入国管理局はあなたをオーバーステイのかどで捕まえに来るでしょう。

 

実は私たちの地球での人生もそうではないでしょうか?

 

 

もっと冷静に考えましょう。

 

私たちは生まれたときから死に向かって一直線に進んでいるのです。

生きられる時間にはタイムリミットがあるんです。これまで死ななかった人もいません。

そういうあなただって、気が付けば50歳、気が付けば60歳、気が付けば80歳、気が付けば90歳となってゆき、気が付けば棺桶の蓋がかぶせられるのです・・・。

 

生きている限りこの生老病死からは逃げることができません。

 

あなたのご遺体はあっという間に、焼き場にもってゆかれるのです。

 

 

だったら、住んでる場所、仕事してる場所、がどこであろうと、毎日楽しくあっけらかんと生きていたほうがましなのです。

 

極端なこと言えば、残念ながら、ゲイに生まれちゃった人は、後悔するぐらいなら、好きな男とやりまくって死んでいったほうがいい、とさえ言えます。

 

 

 

話変わりますが・・・

4/19で、反吐が出るくらいうるさかったソンクラーン(水掛祭り)のバカ行事が終わりました。

私たちとしては、ホッと一息なのですが・・・

 

お客様のなかには、そんな狂乱の宴を一度でいいから、見てみたい、体験してみたい、という方がいらっしゃるのです。

 

このバカが集結している国に住んでいないこと自体

ある意味、とても素晴らしいことで

 

だからこそ、タイの良さ

パタヤーの素晴らしさを

良く知っているということになるのです。

 

かくして、パタヤーの良さは

日本に住んでいる人のほうがわかっている

と言えましょう。

 

論として、パタヤーという街

ここは遊びに来る街で、決して住むべき街ではない

ということです。

住むんだったら、リタイア後か、相当の覚悟をしてから来い!

と言いたいです。