死ぬかと思ったGrab

みなさんは、東南アジア一帯にサービスを展開しているタクシーアプリのグラブ(Grab)という会社を存知だろうか?

グラブは、シンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。現在マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーなどでサービスを展開している。(台湾ではGrabは使われずなぜかUberである)

タイ王国においても、6年前の2013年からサービスを始めており、従来の不安たっぷりのタクシーに比べ、ドライバー情報や位置情報がわかること、アプリを通して予約できること、クレジットカードを登録しておけばキャッシュレスで決済できること、【万が一のことがあってもサポートしてもらえるのでは?】との安心感から利用者が急増している。(日本では残念ながら、このようなサービスはまだのようである)

こうしたサービスにはいつも賛否両論あるのはわかっているが、

 

問題が起きない限り、極めて利用価値のあるサービスだと思っている。

ドライバーの身元も分かっているし、利用者はドライバーを評価することができるのは画期的だと思う。

 

ご存知の通り、タイの民間タクシーは全くといっていいほど言葉は通じず、たいてい車両は小さくオンボロで、頼まないとメーターを使ってくれず、道も知らず(有名ホテルでさえ知らないことが多く)無謀な運転をしたあげく、日本人とわかれば高額を吹っかけてくるし、女性ならやぶの中に連れ込んでレイプしたり、という例が当たり前のように横行しているので

Grabにはそういった心配がないので、非常に安全かつ便利だ、と思っていた。

 

おまけにグラブ(以下Grabと表記)に登録しているドライバーは、車の新旧や車検証明、運転歴、身元情報などをGrab本社に登録しなければならない。

顧客から苦情を受けると再訓練されたり、業務停止処分を受けたり、ひどい場合には解雇されたりするので、真剣にならざるを得ない。

 

しかし、である。

 

これがシンガポールやマレーシアだったら、そういうことも実行されているのだろうが・・・

この【すべてがいい加減なタイランド】

においては、それが守られていな場合が多いのである。

 

私(ひでき)自身、これまで50回くらいGrabを利用してきたが、タイ国内においては、パタヤーだけで、それも近距離のみであった。

 

12月に地元在住者の集まりがあってバンコク=パタヤー間をGrabを使って乗車するといくらぐらいするか、という話題になった。

 

Grabでバンコク=パタヤーのような中距離を走った場合、高速代込みで2,000B弱ということなので、民間タクシーよりは少し高い相場という話であった。

 

12月も後半になって、在タイの日本大使館に用事があったので、バンコクへ行くことになった。

 

年末年始のお客様が来るまでホッと一息つけるなと思ったので、念願だったタイ国有鉄道の特急列車に乗り、バンコクへ向かった。

 

(いつもなら会社のドライバーが送迎してくれるのだが、自分たちの都合で彼らを振り回すのも申し訳ない、それも片道だけだと報酬もチップも少ないのでかえって可哀想だと思ったので、思い切って別の手段を選んだ)

 

バンコクでの用事を済ませ、さてパタヤーまでの帰路は、タクシーにしようか、と考えていたとき

【バンコクからの帰り道、パタヤーまでGrabを使ってみるのはどうだろう?】

ということになった。

 

 

これまでの利用歴からして、Grabには良い印象しかなかった。タイ国内でもそうだったが、ベトナムやマレーシアにおいても、ドライバーたちはきちんと業務をこなしてくれていたし、チップを要求する輩もいなかった。

 

しかし、タイの神様はこの年末、私たちに思わぬ

【クリスマスプレゼント】

を用意してくれていた。

 

私たち(ケンとひでき)はホテルをチェックアウトしたあと、Grabアプリを操作し、スリウォン通りに面した私たちのホテルの前まで、Grabタクシーを呼んだ。

Grabの車両は約5分で到着し、ホテルの車止めまで入ってきてくれた。”なかなか親切なドライバーだな” という印象をもった。

しかしその時、私はそのドライバーがとんだ食わせ物だったということを知る由もなかった。

車両は三菱(Mitsubishi)のミラージュ(Mirage)であった。うちのドライバーたちはほぼ全員がトヨタ(TOYOTA)のカムリ(Camry)を使っているので、最初は小ぶりな印象があったが、乗ってみると車内はそこそこ快適スペースには余裕があるように見えた。

 

三菱という会社はタイでは残念ながら、三番手、四番手であるが、このミラージュという車はそこそこ人気である。

ボンネットを紐とゴムひもで
ボンネット、ロゴ付近にロープがかけてある、この部分が外れており、紐で固定しているのだ

コンパクトにして機能的かつ燃費も良く、快適、価格も良心的ということが理由だろう。

好きになっちゃったポーランドその2(東欧美男とショパンへの思い)

ポーランド前半記事はこちら

ケンと私は、2019年の6月から7月にかけての1週間をポーランドのワルシャワに滞在した。

あくまでも旅行者としてであるが、今回は東南アジア・タイ在住が16年目に入った日本人が、たまたまポーランドに行ってしまい、好きになっちゃったその理由、日本人ゲイが見たポーランドの魅力、ポーランド美男について書こうと思う。

(そもそも東南アジアのタイに15年以上住んでいるととかくタイの悪い面ばかり目に付き、ときどきはアジアを離れてヨーロッパに行ってみたい、と思うようになってきた。そもそも私(ひでき)にとってアジアは憧れではなくヨーロッパに住みたいと願ってきたのだ。

でもタイとは不思議な縁で、東南アジアで最も猥雑かつ凶悪の淫乱都市パタヤーに住まわされることになってしまった。

タイ好きの方には大変失礼だと思ったが、旅行者には優しいと思える国でも暮らしてみると居住者には全然優しくない、ということがわかったし、そもそも物価が安い安いと思われているタイの物価も、最近は日本と変わらなくなってきている、もしくはサービスが悪いくせに日本よりも高いという現象が起きている。

モノの値段がどうこうというより、インフラやサービスという点で、日本よりも甚だ劣るタイでの暮らしに少し嫌気が差している私たちがいるのである。

昨年に引き続いてヨーロッパに出かけた理由としては、この頃タイ暮らしが本当にしんどいと思っている現状がある。

そう思ってしまう背景には、タイがあまりにも身近になってしまった、というのがあると思う。


1.ポーランド男子を素敵と思う理由
ポーランド男子
前回その1にあるワルシャワ大学日本学科の男子学生の動画をご覧になったことと思う。

どこにでもいる西洋の白人という感じだが、(興味ない人にとってはどうでもよいことだが)、彼らが北米、オセアニア、イギリス、フランス、ドイツその他西側先進国と呼ばれている国々の人間と比べて、はっきりと違う点は・・・

自信に満ち溢れていない

という点だと思う。どこかおどおどして、どこか恥ずかしげで、どこか可愛らしい。

実はこれまでアメリカ、カナダと数年住んできて、ひとりもカッコいいと思える男性に出会ったことはなかった。

こんなことを書くと白人好きには失礼だが、私が持つ白人の印象は

アメリカ人の男性は常に酔っぱらっていて大声で傲慢

カナダ人の男性はおとなしくて優しいが暗く貧乏くさい

オーストラリア人は開けっぴろげだが田舎臭くて野暮

という図式が私の頭の中で出来上がっていた。

それに比べてヨーロッパ男性にはある程度の落ち着きや品位が見られた。といってもヨーロッパは旅行でしか訪れたことしかなく、もっとも長く滞在した場所でも、スペインのバレンシア地方に3カ月であった。

個人の趣味はあるにせよすらっとして背が高く、理想的だと思ったのは北欧の男性である。優しそうで顔立ちも良いが、知的でかつ頼もしい感じだ。

さて、東欧中欧の男はどうだろう。そういってもたくさんの国や民族があるので、どれがどうこう、ということではない。

ここでは少なくともポーランドのワルシャワで目にした、普通に街を歩いている青年、学生、商店やデパートで働いている店員など、旅行者として目にすることができたポーランド人の印象をまとめたいと思う。

その1でポーランドの教育レベルは概して高いと申し上げたがさらに調べるとそのレベルについては驚くべきことがわかった。

ポーランドの教育についてはこちらをご覧ください。