ただヤリに来てるわけじゃないんだ

お客さんを3年間案内していてわかったのは

お客さんはただタイ男とやりに来てるわけじゃないってこと


それは以前からうすうす感じていたが、まだ遊び慣れてないお客さんやボーイ君(タイボーイ)の心理状態がわからないお客さんはしばらくの間、男(色欲)に狂ってたけど、だんだん気持ちが通じるようになってくると 一緒にいるだけでもいいんです、という感じになる


もちろんゲイだから多少はお遊びやつまみ食いのセックスはあってもいいけど、たいていのお客さんは、心からの付き合いがしたかったのだと思う


本当はタイ人と深く通じ合いたい、分かり合いたいというのが本音ではないか?


そんな人は多いのではないだろうか?やっぱり人間だから


あなたには性欲と精神欲を満足させてくれる彼氏がいますか?


日本で彼氏さんがいて、それなりの性的満足と精神的幸せを感じていれば、そうそうタイ人とのセックスにはまることは少ないと思う。


一方、現代日本人にタイ人のような素朴さや微笑を期待はできないことも事実だ。これだけ効率化化が進んでしまっているから、日本は。


そういったものを求めにタイに来てしまう人たちのことを私は理解できる。


私はタイにはまったことはないが、フィリピンには大きくはまっていた。


実は1992年ごろからフィリピンにはまって以来13年に亘ってフィリピン人の家族を援助していた。


それは、東南アジアには日本では得られない何か(言いようのない懐かしさや優しさ素朴さ)があったからだと思っている。


だから、フィリピン人を助けることに大いなる意義というか自己重要感を持っていたのだ。


現金をよくEMSで送っていたが、お礼の手紙を受け取ったときが一番満足感があった。


人間の行動として、ボディコミュニケーションが満たされたら次のステップとしてメンタルコミュニケーションを求めるようになるということ、それでそっちのほうが結構大事であるということを 我々はお客様を世話していて気が付いたということです。


ゲイ心理カウンセラー

ドリアン(俺はセックスするカウンセラーなんだぜ・・・馬鹿かお前はといわれそうだが本当なんだ)

年取って後悔したい人はこちら

そろそろ常識を捨ててー幸せになろうよ
author : 堂本ドリアン

メルマガの読者で50代の方からメールをいただいた


「自分は50代、まもなくリタイアです。妻と子ども2人おります。いままで経済的にも社会的にも何不自由なくなってきました。子どもたちは健康に育ちそれぞれ独立しました。妻は家庭をずっと守ってくれました。今ではよきパートナーです。
・・・でも、最近ふと心をよぎることがあります。自分はこれでよかったのか・・・という思いに襲われます」


実はこの方はゲイであった。本当は男が好きだったのだ。

だが、ゲイであることを公表して生きることなど、彼が結婚する当時に誰が想像できただろうか?

そんなことは世間から相手にされない考えだった。

少なくとも彼はそう信じていた。

彼が得たは世間様の幸せを自分に適用した幸せだった。

もちろん、それで幸せな部分はたくさんあった。


彼は日本での生活に決して不満はなかった

でも、心底【満足】はしていなかったのだ


人並に暮らせることを日本人は幸せだと思う部分がある。

もっともなことだ、と私も思う。

でも今、彼がリタイアするにともない、ずっと心の奥に閉じ込めていた思いが頭をもたげてきた。


人間、満足していない部分が少しでもあるとそこをなんとか埋めようとする本能がある

そこにはどうしようもない情熱と渇望感がある


タイに行こう、パタヤーに行こうと思ったのはそのときだったという。


自分が自分でいられる場所に、行きたい、と彼は願った。

天国は心の中にあるという

だが、少なくとも彼は日本にいる間は天国を感じることはできなかった

つかの間の夢の間を除いては


人並みに結婚して、会社で働き地位を得、家を建て、子どもを育て、夫婦仲良く暮らす

これはこれで幸せのように思えたが

彼の本当に望むことではなかった・・・

少なくとも自分に正直に生きる、心から好きな人を愛するという点においては。

今一度、自分にもみなさんにもお聞きしたいのが

”世間の常識にとらわれていて

ご自分の真に望むのものをあきらめていませんか?”

ということです

だとしたら後で必ず大きな後悔がやってきます

これは絶対保証します


パタヤーで

私は大きな後悔に襲われている人をたくさん見ました

人生は一度きり

時間だけは戻せないのです

そのことをもう一度だけ考えてみてください