愛しているならセックスはするなータイボーイの真意の見分け方

本当に愛しているならセックスはしてはいけない
(と思う)


「ユダヤ人大富豪の教え」を書いている作家の本田健さんが日本の高額所得者を対象にアンケートをしたところほとんどの人が


「ビジネスとお金を追い求める先に幸せはない」と回答したそうだ


同じような質問をリタイアしたパタヤーのゲイにしたところ、同じような回答が返ってきた


「性欲とボーイを追い求める先に幸せはない」


(パタヤーには今年で39年一緒というJackさんとRobさんがいる、弊社ホームページを参考ください >>> https://www.yashinoki.co.th/newsletter006.html


もし、あなたが一生孤独でいたくないなら、私はまずセックス抜きの付き合いをお勧めする。

そんなことできるわけないだろう!(わかってます、でもちょっと聞いてください)


もちろん、これからずっと”セックスするな”にしろということではない。
(セックスにこだわらない付き合いをしろ、という意味である)


あなたに少なくとも心から付き合いたいと思っている男の子(日本人であれタイ人であれ)が現れたなら、少なくとも付き合って3回のデートまでは


”絶対にセックスしてはならん!”


と言いたい。たとえ、それがGOGOバーの子でもだ。


GOGOに行って、お気に入りの子が見つかっても
OFFしてすぐホテルに連れ込んではならない


とりあえずコーヒーショップに連れて行く
(カラオケやビーチでもいいだろう)


そしてじっくり話す、相手のことを観察する、自分のことも話す
必要なら通訳を付けてもいいと思う、そしてその子をホテルに連れ帰る


ホテルでもセックスをしてはならん!

部屋ではさらに話を続ける、話が終わったらその子を家に帰す
キスもしない、体にも触れない!握手はいいだろう。
(もちろん、やったときと同額のチップは渡す)


翌日もOFFする。今度はビーチに行く、そして一緒に海を眺める

その翌日もOFFする、そして今度はカラオケに行く。


その子からどんなにせがまれてもセックスをしてはならない!

だがいつも規定のお金を渡す!


3回目のデートの後、気が合えばセックスしてもよい


だができるだけ回数は少なくすることだ
旅行の人は最初と最後の晩に1回だけ
長期滞在の人は週に1回かその程度


あなたはできるだろうか?
(こんな拷問に近いこと・・・)


繰り返して言うが・・・

本当にその子のことを大切に思うならセックスはしてはいけないのだ

あなたはその子を幸せにしたいのだろう?
あなたにはその子が必要なのだろう?
その子とずっと一緒にいたいのだろう?
あたなは孤独から永遠に解放されたいのだろう?


当たり前なことだけど

大切なのはその子の人間性だ
最初セックスの快楽にはまってしまうとその子の人間性が見えなくなってしまうのだ
(つまり判断力が鈍ってしまうのだ)


あなたはその子の本質を見逃してはならない
(本質を見落とすことが問題の原因の99%であることを知っているだろうか)


だから、なんとしてもセックスの前に
一緒に食事をし、買い物をし、勉強をし、喧嘩をしてみなさい
そしたらその子の歴史と本質が見えるから


セックスはその後ゆっくり楽しめばいいのだ

セックスなんてそのうち飽きる、どうせ飽きる
セックスなんてそんなものだ

あなたはできるだろうか?


この拷問に近いメッソードを私は29歳のときに実行した
その相手は今の彼氏のケンである


ジャニ系を追いかけまくっていた自分にとって
ケンに出会う前の男たちとは半端ではなかった


もう死ぬかと思った
気が狂いそうだった


仕事も手に付かないし
いてもたってもいられなかった


これが恋なのか、と思った
それはそれで楽しかったが幸せではなかった


セックスにはスリルがあったが
気が付けばいつも心と財布が空っぽになるだけだった


だから俺は誓った

自分の一生かけて愛せる人を見つけるぞ


神様そんな人と出会わせてくださいと

毎日祈った



GOGOボーイに”愛してる”なんて気軽に言っちゃいけないよ
”I LOVE YOU”とは本当に愛してる人に使うべき言葉だよ


お金で買ってハイやりましょう、なんて
それは性欲を解消するスポーツであって、愛ではないのだ


もしあなたが快楽ではなく真実の愛を求めているなら
パタヤーなんか来るべきじゃないのだ
(お客さんをパタヤーに呼ぶ仕事をしていながらなんて失礼な言い方だろう)



自分をコントロールできないヤツは
パタヤーで人生を狂わされるぞ


本当にあなたが愛というものを求めているなら

一度は考えてほしい


あなたが棺おけに横たわるとき

棺おけのそばで泣いてくれる恋人が欲しいなら
絶対覚えておいてほしい


「欲望と快楽を求める先に幸せはない」


という事実を

以上、本当に幸せになりたい人のために書きました、コメントをお願いします

タイの日系企業に就職-安易な考えか?

タイで就職を考えている人は多い

メルマガの読者さんから現地就職情報を教えてほしい、という希望をよく聞く

タイで就職したことのない私が偉そうなことを言えるはずないのだが、少なくとも現地で働く日本人の友人を持っている身としては、できるだけ彼らの生の声を伝えたいと思っている。

まず、タイで仕事をしたい、と思っている人には巻末の質問を自分にしていただきたいが、タイに来るよりももっと大切なのは、自分自身がどんな人間であるか、ということだと思う。

自分はどんな人間で、どんなことをしたい、どんな人生を歩みたいか、どんなスタイルで人生を楽しみたいか?

そういった点をはっきりさせずに、安易にタイに来ることをお勧めしない。

特に私はタイが大好きだから、という理由で来ると早期に挫折することになる。(と私は思っている)

昨晩は現地日本企業で働く友人の植田さん(仮名)と遅くまで飲んで、タイの日系企業で働く現実についてお聞きした。

植田さんは現在38歳、ラヨーン県のトヨタ系部品工場で主任として働いている。訪タイは7年前、最初の3年間はバンコク暮らしだった。約1年間は語学学校に通い、翌年から市内の日系企業でバイトするようになった。

その後3年目くらいから本格的な就職活動をはじめ、人材派遣会社に登録、さまざまな企業で働いたのちこの部品工場で主任の地位を得た。最初の年は現地採用の身分だったが、真面目さと勤勉さが買われて本社採用になった。

本社採用イコール駐在ということである。

「植田さんは幸せでしょう?」私は単刀直入に聞いた。

「はい、経済的には恵まれていると思います。
給料も申し分ないし、その他の待遇も悪くないと思います。
でも・・・」

その先が聞きたかった。植田さんいはく

「平日の夜と週末以外は日本にいるのと同じです。

いや日本にいるよりきついかもしれません。」

みなさんは日本企業の駐在員についてどんなイメージをもっているだろうか?

現地給にプラスして日本でも給料が振り込まれる。

ひとりひとりに高級マンションがあてがわれたり、専用車のお迎えが来たりする。

(なんて夢のような生活なんだ・・・と私も内心あこがれていた)

ところが、ノイローゼ率が最も高いのが駐在員だという

「どんなことで悩むのですか?」私は聞いた

「やはり人間関係でしょう」

「どんな人間関係ですか?」すかさず聞いた

「まず本社との関係、そして日本人同士の問題、そしてタイ人の扱い方についてです」

「具体的には?」

「9時から5時までというのは、工場のラインで働く人たちの話です
我々は深夜まで働きます。

タイ人の能力は日本人の4分の1といわれています。つまり彼らのやり残した仕事を私がしているのです」

「なるほど・・・」ますます私は聞きたくなった

「ちょっと難しいですが、日本(本社)の人たちは、同じ人間だから
日本人1人の作業能力=タイ人1人の作業能力と考えています

でも現実には、

日本人1人の作業能力=タイ人4人の作業能力と同じまたはそれ以下なんです

でも、それを本社に説明しても分かってくれないんです
それが一番きついですね」という

工員さんたちの多くはもともと田舎で家畜の世話をしたりしてその日だけを生きてきた人たちだ

それがある日突然、工場が建ったからそこで働かないかと言われて集まってきた人たちなのだ

職業訓練を受けてきているわけではない

また高いプロ意識や勤労意欲に燃えて就職しているわけではない

とりあえず働き口があれば借金が返せる、雨漏りが直せる、バイクが買える

そんな考えで来ているのだ

「面接の時には方言がきつくて聞き取れないことも多いんですよ」とタイ語に堪能な植田さんが言う

「そうですか?方言までは私もわかりませんね」と私

「本社からは国際電話で、かなりきついことを言われます」と植田さん

「どんなことを言われるのですか?」ますます興味津々の私

「本社の部長からは『現地人を教育するのがお前の仕事だろう!そのためにお前を雇ってるんだ!お前が何とかしろ!お前がしっかりしてくれなくては困る!』と怒鳴られます。一見正論なんですが、本当にそれって難しいんですよね」

私(ドリアン)個人の考えだが、日本企業のローカライゼーション(現地政策)は世界で最も遅れていると思う

コカコーラのように世界に支社をもっていて人材育成やモティベーションのノウハウをもっている会社はともかく、つい最近まで下町の部品工場だった会社がいきなり海外進出しても課題の山というものだ

本社は”日本流が正しい”といってそれを押し付けてくる。
なぜなら、日本ではそれで成功してきたらからだ。

だが、それを簡単にはタイ人は分かってはくれない、という

タイの現実は違うのだ

一旦海外に出ると、日本の常識は通用しない。

現地に出たら現地の流儀がある。

現地に沿った経営をしないといけない

それをしようとしないのが、日本企業だ。

なぜなら、日本企業自体が海外経験が少なすぎるからだ。

経営者を含む会社幹部に現地人を登用できていないのは日本企業だけだ

欧米企業は、昔っから現地にうまく溶け込み、宗教のように彼らを教育していく方法を心得ている。つまり、ローカライズが得意だ。

(米国西海岸の地名を思い出すとよい、Los Angeles, San Francisco, San Jose, Santa Barbara みんなカトリック布教のためつけたスペイン語の地名だ、彼らは宗教=人の心をまずつかんでから支配したのだ、金や仕事ではない)

サムライ企業のように頭ごなしに怒ったりせず、相手を把握してから指導してゆく。やがて現地企業のトップに育て上げてゆく。そんなことは植民地時代からやっていることだ。ノウハウの質と量が違う。
(サムライはラストサムライになったのだよ、覚えてる?)

タイで働きたいそう願っている人は多いことだろう。

だが、いざ職探しをしてみると
自分にあった仕事というのはなかなか見つからない。

タイ語の読み書きができ、現地人とのコミュニケーションに問題がないならタイ企業に就職できよう。だがそうできる人は万に1人だろう。

たいてい日本人はバンコクあたりに出回っている日本語求人広告をみて、テンプスタッフなどの求人に登録し、現地生活を少しエンジョイしながら、日系企業からの採用を待つしかないようである。

日系企業、多少の差はあるが、雇用はしてくれる。
給料も悪くないし、生活も安定するだろう。

だが、日本の会社に勤めている以上はずっと日本と対峙しなければならない。雇用されている限り、それは掟(おきて)なのだ。

それを覚悟できるなら、日系企業で働いてもいいだろう。

そのことをあなたはどう解釈するか?

それが本当にあなたのやりたいことなのか?
それがタイに来る理由なのか?

自分の胸に手を当てて考えてみてはどうだろうか?

この際だから私自身のことを書かせてもらうが、こちらで会社を作るまでは

・タイという国を好きと思ったことが一度もなく
・タイで暮らしたいと思ったことは一度もなく
・タイがすばらしいとかキレイとか思ったことは一度もない

快適な環境と機能的に整備された国家、政治も経済も安定していて、人々が明るく善良で、自然の美しい国はほかにいくらでもあるからだ。

起業してみてわかったことだが、こっちで会社を作るほうが日本で作るよりも数倍楽だと思った。だが、会社を維持していくことはその何倍も難しい。

まして、日本では想像できないような有難い(?)トラブルに毎日見舞われ、それをマジに受け取ってしまうと地獄となる。

だが、信じがたいトラブルを楽しい(?)と解釈できれば、自分の人生を高らかに楽しむことができる。

ことタイという国に関しては、最初から期待をしていなかったため、私は意外にもこの国に魅かれはじめている。まったく不思議なことだが。

結論として、タイに行こうがラオスに行こうが、日本企業の看板の下で働く限り、「日本式」とはおさらばできない。

もし、「日本式」がいやなら、「自分式」を作るしかない。

あなたにその気があるなら「自分式」を作ってみてはどうだろうか?

私の友人の野辺山さん(仮名)は長い間、薬を日本に輸出していたが、薬局は日本人にはできないという常識を覆して、自分で薬局を作ってしまった。これで年商6億を稼いでいるという。まさに「自分式」だ。

これからは自分式を作ってもいいのではないか?
死ぬほどつらいかもしれないけど、胸ははずむと思う。

ドリアンが考える
【海外就職を考える前にすべき自分への質問】
1)なぜタイでなければならないのか?
2)どうしてタイで就職する必要があるのか?
3)自分は何ができるのか?どんな能力を持っているのか?
4)どんな仕事をしたいのか?
5)どんな人生を送りたいのか?

タイで就職を考えている人はメールください