売り専を買ってはいけないのか?その1

 

気がつくと売り専屋の前に立っている自分がいる

 

そういうことになるわけだ

 

良い悪いは関係ない、

 

買わなければ死んでしまう、ではないが

 

オレにはこれが必要なのだ、後悔しても構わない、理屈はどうだっていい

 

今はそれがしたいんだ

 

 

まさにそんな感覚だ

 

買わなければどうにかなりそう!もうやってられない!

 

そんな感覚がある

 

 

売り専をやっている男の子はそういったもの(お客様の叫び)

 

受け止めながら仕事をしているのだ

 

 

彼らがいてくれることで、一時的にも癒されるわけだから

 

彼らの存在は大きい

 

 

だからその代償も大きく取られても仕方ないのではないか

 

いやその代償は軽いはずがない

 

売り専を買ってはいけないのか?その2に続く

 

 

みなさんの感想をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 19 =