エロは問題の解決にならない

タイで性欲を解消している人すべてについて言っているのではない


性欲処理は人間の当然の事情であり、ゴミ処理みたいなものである



ここで申し上げるは、健康的に性欲を処理している人ではなく


極端なエロに走っている人のことである



特にパタヤーに来て凄まじい勢いで男ないし女を買っている人のことだ



そういった人をわれわれは悪く言うことはできない


そういった人がパタヤーの裏面の経済を支えているのだから




極めて真実を言えば


【エロ】を【ストレス解消】の手段として使っている以上


絶対に問題は解決されない、ということだ



性エネルギー(エロパワー)の源流は日常の日本社会で溜められる【ストレスにある】



エロの源泉は【ストレス】なのだ


そして、ストレスの原因は【やりたくない仕事】をしているという事実なのだ


そして、自分は【永遠に自由ではない】束縛感である




これを打破&根治しない限り、抑圧された感情は消えない


抑圧された感情は、燃え盛る火のごとくとどまることを知らない



それを晴らしにパタヤーに来るのはわかる、痛いほど




だが・・・


忘れてならないのは、パタヤーで提供できるものは


あくまでも肉欲の満足であり、本物の愛とか癒しではないのだよ



よく可愛い男の子(可愛い女の子)と一緒にいると癒されるというが


それは彼らが時間給で雇われた要員であるからだ


彼らはお金をもらえばさっさと帰ってしまう


彼らは一刻も早い給与の支払い(チップが払われる瞬間)を待っており


そのときまで必死で笑顔を作っているのである




擬似恋愛で幸せになった人はいない


擬似恋愛は最も傷つく手法なんだよ





一方で、性欲なくして人生に喜びなし


そうかもしれない




だが、売春をしたあとで、その【空虚さ】がどれほど強烈なものであるかを


身にしみて感じているのは、私だけではないはずだ



これはお客様にも申し上げていることだが


自由になりたかったなら


人生をがらっと変えたかったら



まずは、【現状との決別】をしなければならない


そして【決断】をしなければならない


決断したら即【実行】せよ


実行を始めたら決して【やめるな】


どんな困難があっても【やめるな】



やめずに5年、いや10年くらい辛抱すれば


必ず【本物の自由】を得られる



そこに待っているのはまったく【新しい人生】であり


エロからもストレスからも解放された


稔り多い人生なのだ




そこの君、公務員なんかやってるんじゃない(すべて民間になれば活力がつき再生するぜ)


そこの君、政府なんか信用するな(年金は現状でもウソなのだから)


そこの君、大企業なんかにしがみつくな(もう大方潰れ始めているぞ)



あんたは立派な人だ、なんだってできるじゃないか


自分を信じろ


今こそ、踏み出せ


って言いなくなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 8 =