年取って後悔したい人はこちら

メルマガの読者で50代の方からメールをいただいた


「自分は50代、まもなくリタイアです。妻と子ども2人おります。いままで経済的にも社会的にも何不自由なくなってきました。子どもたちは健康に育ちそれぞれ独立しました。妻は家庭をずっと守ってくれました。今ではよきパートナーです。
・・・でも、最近ふと心をよぎることがあります。自分はこれでよかったのか・・・という思いに襲われます」


実はこの方はゲイであった。本当は男が好きだったのだ。

だが、ゲイであることを公表して生きることなど、彼が結婚する当時に誰が想像できただろうか?

そんなことは世間から相手にされない考えだった。

少なくとも彼はそう信じていた。

彼が得たは世間様の幸せを自分に適用した幸せだった。

もちろん、それで幸せな部分はたくさんあった。


彼は日本での生活に決して不満はなかった

でも、心底【満足】はしていなかったのだ


人並に暮らせることを日本人は幸せだと思う部分がある。

もっともなことだ、と私も思う。

でも今、彼がリタイアするにともない、ずっと心の奥に閉じ込めていた思いが頭をもたげてきた。


人間、満足していない部分が少しでもあるとそこをなんとか埋めようとする本能がある

そこにはどうしようもない情熱と渇望感がある


タイに行こう、パタヤーに行こうと思ったのはそのときだったという。


自分が自分でいられる場所に、行きたい、と彼は願った。

天国は心の中にあるという

だが、少なくとも彼は日本にいる間は天国を感じることはできなかった

つかの間の夢の間を除いては


人並みに結婚して、会社で働き地位を得、家を建て、子どもを育て、夫婦仲良く暮らす

これはこれで幸せのように思えたが

彼の本当に望むことではなかった・・・

少なくとも自分に正直に生きる、心から好きな人を愛するという点においては。

今一度、自分にもみなさんにもお聞きしたいのが

”世間の常識にとらわれていて

ご自分の真に望むのものをあきらめていませんか?”

ということです

だとしたら後で必ず大きな後悔がやってきます

これは絶対保証します


パタヤーで

私は大きな後悔に襲われている人をたくさん見ました

人生は一度きり

時間だけは戻せないのです

そのことをもう一度だけ考えてみてください

愛しているならセックスはするなータイボーイの真意の見分け方

本当に愛しているならセックスはしてはいけない
(と思う)


「ユダヤ人大富豪の教え」を書いている作家の本田健さんが日本の高額所得者を対象にアンケートをしたところほとんどの人が


「ビジネスとお金を追い求める先に幸せはない」と回答したそうだ


同じような質問をリタイアしたパタヤーのゲイにしたところ、同じような回答が返ってきた


「性欲とボーイを追い求める先に幸せはない」


(パタヤーには今年で39年一緒というJackさんとRobさんがいる、弊社ホームページを参考ください >>> https://www.yashinoki.co.th/newsletter006.html


もし、あなたが一生孤独でいたくないなら、私はまずセックス抜きの付き合いをお勧めする。

そんなことできるわけないだろう!(わかってます、でもちょっと聞いてください)


もちろん、これからずっと”セックスするな”にしろということではない。
(セックスにこだわらない付き合いをしろ、という意味である)


あなたに少なくとも心から付き合いたいと思っている男の子(日本人であれタイ人であれ)が現れたなら、少なくとも付き合って3回のデートまでは


”絶対にセックスしてはならん!”


と言いたい。たとえ、それがGOGOバーの子でもだ。


GOGOに行って、お気に入りの子が見つかっても
OFFしてすぐホテルに連れ込んではならない


とりあえずコーヒーショップに連れて行く
(カラオケやビーチでもいいだろう)


そしてじっくり話す、相手のことを観察する、自分のことも話す
必要なら通訳を付けてもいいと思う、そしてその子をホテルに連れ帰る


ホテルでもセックスをしてはならん!

部屋ではさらに話を続ける、話が終わったらその子を家に帰す
キスもしない、体にも触れない!握手はいいだろう。
(もちろん、やったときと同額のチップは渡す)


翌日もOFFする。今度はビーチに行く、そして一緒に海を眺める

その翌日もOFFする、そして今度はカラオケに行く。


その子からどんなにせがまれてもセックスをしてはならない!

だがいつも規定のお金を渡す!


3回目のデートの後、気が合えばセックスしてもよい


だができるだけ回数は少なくすることだ
旅行の人は最初と最後の晩に1回だけ
長期滞在の人は週に1回かその程度


あなたはできるだろうか?
(こんな拷問に近いこと・・・)


繰り返して言うが・・・

本当にその子のことを大切に思うならセックスはしてはいけないのだ

あなたはその子を幸せにしたいのだろう?
あなたにはその子が必要なのだろう?
その子とずっと一緒にいたいのだろう?
あたなは孤独から永遠に解放されたいのだろう?


当たり前なことだけど

大切なのはその子の人間性だ
最初セックスの快楽にはまってしまうとその子の人間性が見えなくなってしまうのだ
(つまり判断力が鈍ってしまうのだ)


あなたはその子の本質を見逃してはならない
(本質を見落とすことが問題の原因の99%であることを知っているだろうか)


だから、なんとしてもセックスの前に
一緒に食事をし、買い物をし、勉強をし、喧嘩をしてみなさい
そしたらその子の歴史と本質が見えるから


セックスはその後ゆっくり楽しめばいいのだ

セックスなんてそのうち飽きる、どうせ飽きる
セックスなんてそんなものだ

あなたはできるだろうか?


この拷問に近いメッソードを私は29歳のときに実行した
その相手は今の彼氏のケンである


ジャニ系を追いかけまくっていた自分にとって
ケンに出会う前の男たちとは半端ではなかった


もう死ぬかと思った
気が狂いそうだった


仕事も手に付かないし
いてもたってもいられなかった


これが恋なのか、と思った
それはそれで楽しかったが幸せではなかった


セックスにはスリルがあったが
気が付けばいつも心と財布が空っぽになるだけだった


だから俺は誓った

自分の一生かけて愛せる人を見つけるぞ


神様そんな人と出会わせてくださいと

毎日祈った



GOGOボーイに”愛してる”なんて気軽に言っちゃいけないよ
”I LOVE YOU”とは本当に愛してる人に使うべき言葉だよ


お金で買ってハイやりましょう、なんて
それは性欲を解消するスポーツであって、愛ではないのだ


もしあなたが快楽ではなく真実の愛を求めているなら
パタヤーなんか来るべきじゃないのだ
(お客さんをパタヤーに呼ぶ仕事をしていながらなんて失礼な言い方だろう)



自分をコントロールできないヤツは
パタヤーで人生を狂わされるぞ


本当にあなたが愛というものを求めているなら

一度は考えてほしい


あなたが棺おけに横たわるとき

棺おけのそばで泣いてくれる恋人が欲しいなら
絶対覚えておいてほしい


「欲望と快楽を求める先に幸せはない」


という事実を

以上、本当に幸せになりたい人のために書きました、コメントをお願いします