日本体験記ー監獄に暮らす日本人

久しぶりに帰国した日本は新緑のさわやかな季節であった


お世話になっているお客様が関空まで迎えにきてくれた

なんと有難いことか


鮮やかな緑、きれいに舗装された道、親切な人々、言葉が通じる便利さ、食べ物はみな口に合うものばかり、安全、快適、正確、迅速、そんな言葉が浮かぶ


どうしてオレはこんな素晴しい国を出てしまったのだろう


最初の3日間はそんなこを考えていた・・・



しかし、やがて街を歩いていて疲れてきた


押し寄せる人の波、黙々と駅へ向かう人の群れ、


次々とやってくる電車、てきぱきとしたレジ係



ハイテク製品に囲まれ、セレブな生活を楽しみながらも


彼らの表情には明るいものがひとつもない


不思議とそんなことが不快に思えてきた




なんか完璧すぎて、息がつまりそうだ!



きれいな家に住みながら、高い紅茶を飲んでも


外の景色は殺風景な看板と建物だけ


微笑む人もいない



まるで監獄のようだ!



いくら高い紅茶を買ってきても


浜辺を見ながらバルコニーで飲むのと


コンクリートに囲まれたマンションの中で飲むのでは


味はちがうような気がする




早くタイに戻りたい


パタヤーに戻りたい




その3日後、オレはやっぱり


この国を出てしまった



ゴメンね、日本


もう、オレはここでは暮らせないみたい・・・








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − fifteen =