自殺するぐらいなら姉ちゃんとヤレよ!

世の中こんなステキな男がいっぱいいて

こんなセクシーな男もいっぱいいて

人生こんなに楽しいのに

なんで自殺するんだろう
さようなら日本!こんにちはタイ!-koibito

(だからアンタは人の痛みがわからないのよ、とジャネットから言われそう)

オレだったら・・・

自殺するぐらいだったらセックスしまくるけどな

なんて勝手なことを書いているのは私だけでしょうか?

========================================================

【自殺者、1月は2645人…いのち守る動き広がる】
<出典: 3月5日19時27分配信 読売新聞>

警察庁は5日、1月に全国で自殺した人は2645人だったと発表した。

経済環境の悪化で自殺者数が増える恐れがあることから、これまで年1回発表していた自殺者数について初めて月別の数を公表した。一方、企業の決算期にあたる今月は、経営難を理由にした自殺が増える恐れもあることから、パトロールを強化したり、支援窓口を検索できるホームページを開設したりするなど、いのちを守る動きが広がっている。

同庁によると、自殺者のうち男性が1894人。都道府県別では東京都が255人と最も多く、次いで大阪府159人、埼玉県155人、神奈川、愛知県138人だった。

国内の自殺者は1998年以来10年連続で3万人超を記録。98年は、前年に金融不安が広がり、決算期の3月に自殺者が急増。今年も経済環境が悪化していることから、関係者は危機感を募らせている。

自殺が多いことで知られる【福井県坂井市】の東尋坊では、自殺対策に取り組むNPO法人「心に響く文集・編集局」(茂幸雄代表)が、昨年11月以降の4か月間で19人の自殺志願者を保護した。例年は年間20~30人で、茂代表は「信じられないハイペース。元派遣社員などこれまであまり見なかった若者が増えている」と話す。

昨秋に保護した20歳代の元派遣社員の男性は期限前に契約解除され、保護時の所持金はわずか数百円。茂代表はボランティアら80人体制でパトロールを強化しており、「一人でも多く救いたいが、ボランティアではその後のフォローに限界」と行政に支援を訴える。

山梨県の青木ヶ原樹海でも、地元自治体やタクシー協会などが、声かけボランティアを養成する講座を開催したり、樹海の入り口に防犯カメラの設置を進めたりしている。

NPO法人「ライフリンク」(東京都)も昨年12月、インターネット上に、悩みの内容ごとに、適切な支援団体や行政窓口を検索できる「ライフリンクデータベース」を開設。清水康之代表は「自殺者の7割が事前に何らかの相談機関に相談したとのデータがあり、対策を講じれば必ず防げる」と力を込めて話している。

========================================================

(以下、ひできのたわごと・・・)

本来、自殺とは心底愛している人が死んだとか、この先治療の見込みがない病気にかかったとか、どうしようもない事情でするものかと思っていましたが、最近は会社に首にされたくらいで死ぬのでしょうか

会社に首にされる=天命
これが今の日本なんでしょうか?

会社からもらってるわずかな給料=人生のすべて
これが今の日本なんでしょうか?



なんで会社から首にされるなんて

たわいもない理由で自殺するのって

私は思いますが・・・

 

そんなこと大したことじゃないよ

と言っても

 

当人としてみれば十分深刻な悩みなのでしょうね・・・

悩める若者に私は言いたい

”タイに来て、イサーン地方を歩いてみてください”

イサーン地方のタイ人はほとんど仕事についていません

会社勤めをしたこともない人が大半です

それでも彼らは自殺しようなどと思いません

もともと何にも持っていないから強いのです

 

 

タイ人のそれって
持たざるものの強さだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 7 =