在タイ14年目に思う

2004年の8月にスペインからタイに移動し、こちらで生活を始めた私たち(ケンジとひでき)です。

きょうはタイ在住14年目の思いと決意について書きたいと思います。

 

まずもって・・・

14年前、まったく何の考えも、根拠も、確信も、裏づけもなしで、パタヤーで商売を始めたのに

良くぞここまでお客様にきていただいた~、という気持ちです。

奇跡って起きるものなんだな~、という感じです。

 

たくさんのユニークかつコアなパタヤーファンに来ていただき、うれしい限りです。

 

個々のお客様について詳しくご紹介することはできませんが

お客様の職業や地位はさまざまであり、年齢もお住まいになっている場所も本当にバラエティに富んでおります。

お勤めの方はもちろん、お菓子屋さん、税理士さん、飲食店さんなど個人事業主の方々、
歌手や音楽関係の方など、普通に日本で生きていたら出会うことのなかった方ばかりです。

年齢も20代の方から80代の方まで

お住まいも日本は北海道から沖縄

海外は北米からヨーロッパ、中東まで

あらゆる国のあらゆる職業、あらゆる人間関係

人生経験やその奥義についてお聞きすることができます。

これは私たちにとって出会いの醍醐味にほかなりません。

 

特にリピーターとなって20回以上訪タイされているお客様たちをはじめ

15回以上訪タイされているお客様
10回以上訪タイされているお客様
5回以上訪タイされているお客様

に接しておりますと

どうしてそこまでパタヤーを好きになってくださるのだろう?

と、思いますです。

 

リピーターとして戻ってきてくださる理由は一体どこにあるのだろう、と考えるのですが・・・

 

タイ料理?
南国のなま温かい空気?
ボーイ君たちの若い肌?
マッサージ師たちのぬくもり?

一見わかりやすい理由なのですが・・・それだけではないような気がします。

パタヤーとお客様たちとのあいだには
私たちの気づいていない ”何か” があるような気がします。

 

私たちが何か特別な努力をしたのか?

いや、そういうことではないと思います。

やっぱり・・・

この甘くて、辛くて、何でもありの環境
何でも許されている・・・と錯覚する雰囲気
風に揺られるやしの並木
ビーチを行き交う観光客に物売りの人々

それらがお客様の気持ちを緩やかにし
また来たいという気持ちを育んでいるのかもしれません。

これらがお客様に異国情緒を感じさせ、厳しい日常を忘れさせてくれるのかもしれません。

うん、それだけでもなさそうです。

 

お客様たちの動機は何でしょうか?

それは日本(あるいは今いる場所)から ”一時的に離れたい” という願望ではないか、と思われます。

それは現実からの【逃避】でしょうか?

 

逃避という言葉には、本来逃げてはいけないことから逃げているような響きがありますが、そうではないと思います。

それは逃避ではなく【避難】もしくは精神を休めるための【転地療養】なのだ!!と私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =